戸塚区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

クローズアップ 「一人じゃない」強豪にも冷静 選抜覇者下した戸高の水上投手

スポーツ

「一生野球を続けたい」と水上君
「一生野球を続けたい」と水上君

 春の県大会で、選抜の優勝校・東海大相模を1点差で破り、ベスト8入りを果たした戸塚高校野球部。7月10日(日)に開幕する全国高校野球神奈川大会でも、その戦いぶりに注目だ。

 勝利の鍵を握るのは、エースの水上卓也君(3年)。ゆったりしたフォームから放たれる140キロのストレートと、キレのある変化球が最大の武器。昨年の夏は調子が悪かったため、今年の春に向け、様々な投球フォームを試した。幾度となく変化を遂げ、たどり着いたのが現在のフォーム。「この夏が一番の仕上がりです」と自信をのぞかせる。

 戸塚高校へ進学したのは、中学校時代の教師から「良い監督がいる」と薦められたから。県内に数多くある名門校への進学は考えなかった。「自分は、今でも名門校のレベルには達していません。もし名門に進学していたら、監督が恐くて萎縮してしまったんじゃないかと思います」。菅沼努監督の厳しくも自由な指導が、自身の長所を伸ばしてくれたと感じる。

 チームの雰囲気を聞くと「元気でうるさいですね」と笑顔。声がけや連携プレーを重視しているからか、普段から賑やかな同部。一方の水上君は、球場の外では「どちらかというと大人しい」と、キャプテンの加藤由(よし)昴(たか)君(3年)。賑やかなチームメートに囲まれる「物静かな青年」という印象だが、マウンドに上がると一変。頼れるピッチャーとして試合を組立てる。「試合で緊張することはない」とキッパリ。それは、「一人で戦っているんじゃない」と、試合中に何度もかけられるチームメートの声に支えられているからだ。

 この夏の目標は、もちろん「甲子園に行くこと」。どんな強豪にも動じない冷静な投手と、投手を支える元気なメンバーで、神奈川大会優勝を目指す。
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

東ティモール支援続け10数年

矢部町 満尾医院

東ティモール支援続け10数年

4月12日号

麻雀で仲間づくりを

大正地区の東山自治会

麻雀で仲間づくりを

4月12日号

ドッグランとして開放

参加者が1万人突破

ごみ拾い活動推進SNS

参加者が1万人突破

4月12日号

庭づくり学ぼう

庭づくり学ぼう

4月12日号

神奈川で活躍中の女性登壇

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク