戸塚区版 掲載号:2011年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚の地で復興願う 日枝神社に「たまくす」植樹

被災地の復興を祈る仁科さん(中央)、三國さん(左)ら
被災地の復興を祈る仁科さん(中央)、三國さん(左)ら

 前田町の日枝神社に9月23日、横浜市の名木として知られる「たまくす」の木が植樹された。

 たまくすはクスノキ科の常緑高木「タブノキ」の老樹で、巻雲紋の木目が特徴。正式には玉樟(たまぐす)という。横浜市では、江戸時代の大火や大正時代の関東大震災で大きな被害を受けながらも生き延びたことから、現在の横浜開港資料館内に移植され、有形文化財にも指定されている。「日枝神社のご近所にも、東北出身の方が少なからずいます。被災地へ直接足を運べなくても、鎮魂と復興を祈願するきっかけになれば」と、植樹祭を企画した仁科糸子さん。

 植樹祭には、仁科さんが代表を務める「戸塚おもしろ歴史倶楽部」の会員と氏子ら12人が参加。岩手県平泉町出身の三國和子さん(65)は、9月8〜10日に訪れた宮城県石巻市内で拾った石をたまくすの傍に添え、静かに手を合わせた。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク