戸塚区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

ご利益をつかみ取れ ごみ問題は負担軽減

文化

踊り手がまく札に手を伸ばす見物客ら
踊り手がまく札に手を伸ばす見物客ら

 八坂神社(戸塚町)の祭礼「お札まき」が、7月14日に行われた。八坂神社祭礼実行委員会によると、今年は3連休初日で例年以上の人出になったという。

 赤い着物を着てかつらを被り、化粧をした男性の踊り手たちが13人、手拍子に合わせて、唄いながら町内を練り歩いた。「さぁ来い子ども」「ここらでまこうか」。踊り手たちは、うちわで5色の札を宙へ飛ばし、撒き散らした。厄除けになると言われる札を取ろうと、どっと押し寄せた見物客で辺りは熱気に包まれ、札は一瞬でなくなった。札をつかみ取った片平彩夏(あやか)さん(戸塚小4年)は、「人が多くて、札を引っ張った時にちぎれそうになった。でも、取れてうれしかった」と話した。

 翌日には、ごみ問題に一手をと、スポーツごみ拾い戸塚大会が開かれた。30組、122人が参加。範囲は、戸塚駅周辺から東側は柏尾川河川敷周辺、西側は長後街道の矢沢信号周辺まで。制限時間1時間で計190・28kgのごみを回収した。

 これにより毎年、翌朝にごみ拾いをしていた同実行委員会では、清掃範囲を路地裏などに限定。昨年は約4時間かかった作業時間が、今年は約2時間で済んだ。同実行委員長の手塚康雄さん(73)は「非常に助かりました」と喜んでいた。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク