戸塚区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

ミツバに35年勤務する小菅さん 耳の障害越え仕事こなす

植栽管理では和やかな表情になる小菅さん
植栽管理では和やかな表情になる小菅さん

 東俣野町にある自動車部品の電装品などを生産、販売する(株)ミツバに35年勤務する小菅豊さん(59)は、生まれつき耳が聴こえない障害を持つ。

 県立平塚ろう学校を卒業後、運輸会社に5年間務め、23歳でミツバ(旧自動車電機工業(株))に就職。モーターなどを作る製造部や物流課(綾瀬工場)、生産技術部で生産設備のメンテナンス業務を経て、2002年から横浜管理課(東俣野町)で営繕業務を中心になり、任されている。

 自宅のある大和市から約40分間の車通勤で、毎朝8時半に出勤。仕事は建物の修繕や美化、定期的な植栽の管理と幅広くこなす。体力仕事に苦労しながらも、他の従業員が感謝してくれることにやりがいを感じるという。

 上司や同僚とのコミュニケーションは、ほとんどが筆談かジェスチャーによるもの。入社当初は「筆談が大変だった」というが、中には手話を覚えてくれる上司もおり、「きちんと対応してくれてありがたかった」と振り返る。職場の飲み会では、筆談で仕事の悩みを相談したこともあった。

 常に仕事では「従業員が何を求めているか」を念頭に動いていたという小菅さん。特に植木や花壇の手入れが好きで、きれいな花を植えては、従業員たちを和ませていた。

 耳が聴こえない不自由さから、相手に苦労をかけ、コミュニケーションが不足していたかもしれないという気がかりもあった。

 しかし、その仕事ぶりに対して会社からの信頼は厚い。面倒見が良く、庭管理のノウハウやスキルも持っている。そして、いつも自分で仕事を見つけては淡々とこなしていた。

 小菅さんは来年1月31日の60歳の誕生日に、定年退職する。会社は再雇用を望んだが、小菅さんは退職を選んだ。「長い間仕事を続けられて感謝したい」と小菅さん。障害に関わらず、高い仕事能力で会社に貢献し続けた。

 退職後は、家庭菜園や6人いる孫と遊ぶのが楽しみだという小菅さん。

 昨年から会長を務める、ろうあ者のグループ「友和会」のメンバーと釣りやゴルフ、大好きな温泉に行く計画もある。「自分の時間を楽しみたい」と小菅さんはにこやかに笑った。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

NY(ニューヨーク)で作品展示

吉田町の写真家・坂本さん

NY(ニューヨーク)で作品展示

3月15日号

雛祭り気分「もう少しだけ」

戸塚町の和菓子店

雛祭り気分「もう少しだけ」

3月15日号

歌でがん患者を応援

区内タンゴ教室小原さん

歌でがん患者を応援

3月15日号

多彩なイベントを用意

トツカーナが8周年

多彩なイベントを用意

3月15日号

消火用水を新たに確保戸塚駅前で防火・防災フェア親子一緒に防災ワークショップ

地方議員19人が参加

立憲民主党

地方議員19人が参加

3月15日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク