戸塚区版 掲載号:2013年4月11日号
  • googleplus
  • LINE

地域でモノを循環 恒例のバザーで

夏物の服がよく売れた
夏物の服がよく売れた
 ふれあい広場よつば前で3月16日、恒例のバザーが開催された。

 会員や近隣住民らが持ち寄った洋服や食器、書籍などが10円〜500円の価格帯で並んだ当日は、開始前から会場で待つ人の姿も。暖かい気候の影響もあり夏物の服がよく売れ、中には20着購入した人もいたという。主催者は「いろいろな物が地域で循環すれば無駄がなくなる。この活動が広がっていけば」と話していた。

 子育て・介護支援を行うNPO法人ワーカーズ・コレクティブたすけあい戸塚(草朋子理事長)が運営する同施設は、住民らが触れ合える場。バザーやミニ講座が定期的に行われているほか、曜日によりフリースペースとして利用できる。

 次回バザーは4月20日(土)を予定。企画等の問い合わせは同NPO法人【電話】045・864・3575まで。

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク