戸塚区版 掲載号:2013年10月31日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚小創立140周年 区名冠す学校に働く誇り 伊藤法彦36代校長

教育

伊藤法彦校長。背景の同小中庭にある樹木は、明治天皇の皇女である泰宮と富美宮が植樹したもの
伊藤法彦校長。背景の同小中庭にある樹木は、明治天皇の皇女である泰宮と富美宮が植樹したもの
 1873年(明治6年)6月、その前年に公布された教育法令「学制」を受けて産声をあげた「富塚学舎」。以来、戸塚尋常小学校、戸塚国民学校を経て、太平洋戦争終戦から2年後の1947年(昭和22年)に現在の戸塚小学校として改称された。140年におよぶ歴史の中で輩出した卒業生は約1万3000人、在籍した教職員も2000人近くに上る。

 児童増加に伴い、51年から71年にかけて東戸塚小、汲沢小、矢部小、南戸塚小へ分離独立。98年には全児童数が510人にまで減少したが、近年はマンション新設などで再び増加の一途をたどり、現在は約900人が学ぶ。さらなる増加も見込まれており、来年1月にはプールを解体して3階建ての新校舎を建設する予定。新たなプールはその屋上に完成する。

 昨年4月に36代目として同小に赴任した伊藤法彦校長。校長室の戸棚には慶応や戊申の年号が入った書類など歴史的資料が多く収まっており、1世紀を軽く超える歴史の重みを実感する日々だ。

 戸塚小の特徴の1つが体育館の規模の大きさ。「中学校仕様よりさらに広い。舞台の奥行も通常は4〜5mだが、戸塚小は8mもある」。戸塚駅から近い立地もあって年始には戸塚区賀詞交歓会も行われているが、「小学校の体育館が会場というのは他の地域で聞いたことがない」。

 親子3代、4代で通う世帯も多く、「学校に対して協力的かつ好意的な方が多い地域。伝統校であることを感じる」。また、区の名前を冠した学校で働けることに、自信と誇りを感じている教員も多いという。

 校長として140周年の節目に立ち会えることに喜びつつ、「子どもたちを見守る意識が強い地域で、児童には多くの大人と関わりながら成長していってほしい」と語っていた。

1892年(明治25年)発行の優等證書(相澤光さん提供)
1892年(明治25年)発行の優等證書(相澤光さん提供)

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

7月26日号

女装した男たちが踊る

来年度に向けキックオフ

初心者向け写真講座

とつか美術会

初心者向け写真講座

7月26日号

植物科学を学べる1日

横浜市大舞岡キャンパス

植物科学を学べる1日

7月26日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク