戸塚区版 掲載号:2014年10月2日号 エリアトップへ

戸塚駅西口周辺 にぎわい創出へ 市、土地活用で公募

掲載号:2014年10月2日号

  • LINE
  • hatena
戸塚駅西口周辺地図
戸塚駅西口周辺地図

 横浜市はこのほど、戸塚区役所跡地の公募売却、戸塚駅西口第3地区の市有地の公募売却・貸付けを実施すると発表した。ともに課題解決型公募としており、地域の発展とにぎわいの創出等をめざす。

区役所跡地

 昨年、戸塚区役所が移転した跡地(地図内【1】)については9億9873万1328円で公募売却する。

 公募条件は、医療施設または高齢者向け住宅を建物総面積の2分の1以上としている。屋内の地域交流施設や屋外のオープンスペースを設けること、また地域防災施設、地球温暖化対策施設を設置することも求めている。

 公募土地の面積は3184・73平方メートルで第一種住居地域、建ぺい率60%、容積率200%。市財政局は「にぎわいの創出を重視した土地活用ができれば」としている。

第3地区市有地

 公募が実施される戸塚駅西口第3地区の市有地は、旧バスセンターと隣接地の土地A(地図内【2】)と旧暫定駐輪場の土地B(地図内【3】)で土地A、Bを一括募集する。売却の場合は総額12億1280万9172円。事業用定期借地の場合、月の賃料は総額311万2212円、保証金は賃料の12カ月分。

 公募条件は、若者や子育て世代を呼び込む機能を重視した商業施設を低層部に有する施設や、多様な交流・コミュニティーを生み出す施設とすることなど。

 土地Aの面積は1595・49平方メートルで商業地域、建ぺい率80%、容積率600%。土地Bは面積815・96平方メートル、近隣商業地域で建ぺい率80%、容積率400%。市都市整備局では「にぎわいを創出し、地域の再活性化につなげたい」としている。

 両公募とも、設計、施工、管理運営業務のいずれかで市内事業者を活用することとしている。12月3日まで募集要項を配布し11月27日から12月3日まで応募受付、2015年2月に事業予定者を決定する予定。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

横浜市戸塚区の陽性者前週から20人増

【Web限定記事】新型コロナウイルス

横浜市戸塚区の陽性者前週から20人増 社会

累計では1,084人

2月25日号

イチゴが食べごろ

区内農園

イチゴが食べごろ 文化

3月末までが甘さピーク

2月25日号

「自分を見つめるきっかけに」

男女共同参画センター

「自分を見つめるきっかけに」 社会

小山内理事長に聞く

2月25日号

ものづくり自慢展

26日・27日

ものづくり自慢展 経済

区総合庁舎3階で

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

横浜の未来を語るイベント

【Web限定記事】一般社団法人ラシク045

横浜の未来を語るイベント 社会

3月6日オンラインで開催

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベビーマッサージ講座

【Web限定記事】赤ちゃんとの絆づくりに

ベビーマッサージ講座

3月12日舞岡柏尾地域ケアプラザ(横浜市戸塚区)

3月12日~3月12日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク