戸塚区版 掲載号:2017年6月1日号 エリアトップへ

ビールで「麦の魅力」発信 舞岡の市立大生物学研究所 県内企業と協力し製造

教育

掲載号:2017年6月1日号

  • LINE
  • hatena
木原研究所の麦畑で、魅力を語る坂教授
木原研究所の麦畑で、魅力を語る坂教授

 横浜市立大学木原生物学研究所(舞岡町)で栽培された大麦を使用したクラフトビール「KORN(コルン)MUTTER(ムッター)麦畑の精霊」が、5月から販売されている。

 同研究所が育てた「ミカモゴールデン」という品種の大麦を使用。クラフトビール製造会社のサンクトガーレン有限会社(厚木市)で製造された。

 同研究所は、小麦の遺伝子研究の先駆者で「ゲノム」の概念などを提唱した故木原均博士が1942年に創立。その後同大学に移管された。現在も木原博士の精神を継承し、様々な種類の小麦や大麦が栽培され、研究がなされている。

 地域と交流しながらビールをつくることで、麦の魅力や大学の魅力を発信しようと始まったこのプロジェクト。かつて横浜は「相州小麦」の産地として栄えていたという歴史的な背景もふまえ、「横浜産の麦の復活」も狙っている。

「歴史に思いを馳せて」

 今回のビールの名称は、ドイツの民間信仰に由来した。現地では精霊コルンムッター(麦の母)が、受粉を助ける風を送るといわれているという。そんな不思議な力を感じさせる「麦」の魅力を熱く語るのが、ビール造りに携わった同研究所の坂(ばん)智広教授だ。

 「四大文明が生まれた背景にも、小麦の力が大きかった」と坂教授。小麦の栽培のために灌漑技術が発展し、さらに小麦の交換によって社会のルールや価値の概念、文字の発明にもつながっていったという。「このビールを飲みながら、麦の歴史や可能性に思いを馳せてほしい」と語る。

 商品はサンクトガーレン有限会社のウェブサイト等で購入できる(【URL】http://sanktgallen.shop-pro.jp/?pid=116833686)。問い合わせは同大学地域貢献センター【電話】045・787・2205。
 

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

料理配達員に交通安全を

料理配達員に交通安全を 社会

 戸塚警察らが講習会

5月19日号

芸術楽しむ4日間

戸塚文化協会

芸術楽しむ4日間 文化

19日から 区内各所

5月19日号

プロ選手が幼児向け教室

女子サッカーシーガルズ

プロ選手が幼児向け教室 スポーツ

毎月2回 区内施設

5月19日号

39人の辞令交付式

戸塚消防団

39人の辞令交付式 社会

放水などの初任者研修も

5月19日号

常任・特別委が改選

横浜市会

常任・特別委が改選 政治

区選出議員 配属先が決定

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 経済

市、ガイドラインを作成

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook