戸塚区版 掲載号:2017年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

公文学園の中学生、職業人 取材

教育

仁天堂薬局の湯川代表に話を聞く学生
仁天堂薬局の湯川代表に話を聞く学生
進路指導の一環として

 小雀町にある、公文国際学園中等部の2年生が12月8日、戸塚区を中心とする商店街の店舗で「ポスタビ」(*)を行った。

 当日、2年生全160人は、5〜6人のグループに分かれ、戸塚、港南、瀬谷各区の主に商店街に加入する28店舗を訪れ、取材と写真撮影をした。訪問先は多種多様。美容室や喫茶店、中には漫才コンビというケースもあり、学生は職業人の熱い思いに触れていた。

 区内で学生が訪れた1つが、仁天堂薬局。湯川仁代表取締役が取り組んでいる在宅医療について迫った。「これまで患者さんと接していて、大変だったこと、嬉しかったことは何ですか」の問いに、湯川代表は「がん患者さんの薬の管理をしていますが、ご家族から『自宅で最期を迎えられてよかった』といわれたときは、薬剤師として報われた思いになる」と話していた。また、同じく区内の笠原接骨院で学生は「治療で大切していることは何ですか」と質問。それに対し小林隆人院長は「当院では人の土台となる足を重要視しており、そこから身体の痛みや不具合を改善していく」などと答えていた。

 取材を終えた学生は、ノートにまとめた内容と写真をB1サイズに皆で話し合いながらレイアウトし、業者に発注した。来年1月に刷り上がった作品は、取材先に届けられるという。

 同学園の白井春樹教諭は「進路指導の一環として行っている。生徒の将来にとってとても貴重な体験となると思う」と話す。

笠原接骨院の小林院長を取材する学生
笠原接骨院の小林院長を取材する学生

「新春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽・パソコンなどの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

久保山墓地ご当選者の皆様へ

地元石材店だからこそできる特別キャンペーン。セットで59.5万円から

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「食と子育て」映画で学ぶ

「食と子育て」映画で学ぶ

2月22日 さくらプラザ

2月22日~2月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク