戸塚区版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

(PR)

 GS内のストレッチ専門店「FREE ROM」 「短期間で腰・膝痛緩和へ」  改善後のアクティブライフ応援!

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena

 「給油や洗車をしている数分間に、身体も一緒にメンテナンスができたら」――。同店は、三浦さんのこの斬新な発想のもと誕生した。自身が3代目を勤める「戸塚皇谷サービスステーション」の一角にオープンさせてから1年半。着々と評判を得て、今では痛みに悩む地域住民の“駆け込み寺”となっている。

1年半でのべ3千人を対応

 「腰や膝の痛みを訴える人の多くは、筋肉が委縮、硬化しています」と自ら施術に当たる三浦さんは指摘する。同店では、“関節を動かしながら深い層の筋肉を緩める”というストレッチならではの手法で痛みの根本改善を図っており、9月28日までの総施術数は3214人に上る。「1回15〜45分の施術を繰り返すことで、痛みの慢性化を防ぎます」とポイントを話す。

 利用者からは「半身麻痺による痛みに悩んでいたが以前より和らいだ」や「変形性膝関節症で動くのも一苦労だったが、通ううちに杖なしで歩けることが多くなった」などの声が上がっており、今では区内はもちろん、箱根や平塚から毎週通い詰める人もいるという。

「目標」に向け楽しく施術を

 最近、同店には「再び大好きなスポーツを楽しみたい」や「腰痛を和らげて友人と気軽にランチへ行けたら」という相談が多く寄せられている。

 そうした声に応えるため、来店時の問診では「症状が軽減したら何がしたいか」を必ず聞くという。「明確な目的に向けて施術を続けることが治癒力向上の近道」とし、各々に適したメニューを提案。「“孫と一緒にゴルフへ行けるようになった”などの報告を受けると本当に嬉しい。人生100年時代。当店でアクティブシニアを目指してもらえたら」と熱を込める。

気軽に通える空間目指して

 さらに「気軽に通える店」を目指し、GS(ガソリンスタンド)らしく車のインテリア小物をあしらうなど、カジュアルで親しみやすい空間づくりにも力を入れている。5月からはGSの店長でもある川井伸吾さんもスタッフとして加わりパワーアップ。より快適でスムーズな対応に。

 また、かねてより掲げていた「一地区に一つのフリーロムを」が実現に向け本格始動。現在、大分県に2号店を展開するため準備を進めている。「今後も地域に根ざした質の高いサービスを提供できるよう、邁進します」

 本紙で毎月紹介しているガソリンスタンド内のストレッチ専門店「FREE(フリー)ROM(ロム)」。同店は、短期間で腰や膝の痛みを改善へ導くほか、利用者に「症状が軽減したらやりたいこと」などの目標を掲げてもらうことで施術効果を高めるユニークな手法を取り入れている。オーナーの三浦宏平さんに次々と新しい取組を始める動機を聞いた。

FREEROM

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2951-5

TEL:045-382-9070

http://www.freerom.jp/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

「妊婦感染、この時期だからこその対応を」

「妊婦感染、この時期だからこその対応を」

取材協力/小川クリニック

7月22日号

それ、変形性膝関節症かも

階段がつらい…正座ができない…

それ、変形性膝関節症かも

取材協力/西横浜国際総合病院

7月22日号

「家の健康診断お早めに」

吉田町まるみハウス

「家の健康診断お早めに」

 木材価格が高騰中

7月22日号

選択肢広がる緑内障治療

実は中途失明原因1位の病気

選択肢広がる緑内障治療

戸塚区下倉田町 おながファミリー眼科

7月22日号

横浜戸塚支店が移転リニューアル

スルガ銀行

横浜戸塚支店が移転リニューアル

 いよいよ来週7月26日から記念キャンペーン

7月22日号

フォトコンテスト開催

神奈川県公園協会

フォトコンテスト開催

カメラとスマホの2部門

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゴスペルコンサート参加者募集

【Web限定記事】戸塚ゴスペルコンサート実行委員会

ゴスペルコンサート参加者募集

初心者歓迎 全4回のプロ指導

7月1日~7月31日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter