戸塚区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

野村證券菊地戸塚支店長 「地域に貢献できる存在へ」 創立30周年 特別取材

経済

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で今後の抱負を語る菊地支店長
笑顔で今後の抱負を語る菊地支店長

 野村證券(株)戸塚支店が9月5日、創業30周年を迎えた。本紙では菊地正記支店長に現在の心境と今後の展望を聞いた。

―節目を迎えました。

 「多くのお客様に支えられ、感謝の気持ちでいっぱいです。当支店が戸塚で誕生してからの歩みは丁度平成の30年間と同じ。この間世界経済は拡大成長が著しかった一方、日本はバブル景気がはじけ、長く低迷しました。現在は漸く取り戻しつつあります。その認識の下、地域経済のお役に立てればと思っています」

―記念行事はありますか。

 「2つ用意しました。10月10日に『若手会議』を行います。地域の若手従業員の方を招き、戸塚区のことを知ってもらおうと思います。入社3年くらいで若者の退職者が増える現状があり、つなぎ留めることが必要。それには戸塚への愛着をもってもらうことが有効です。この試みを弊社では他地域で実施しており好評です。12月5日にさくらプラザで有識者を招いた記念講演会も行う予定です」

―改めて業務内容を教えてください。

 「株の売買、投機的な運用の印象が強いですが、実は全体の利益の2〜3割程度。最近では次世代へ資産つないでいくこと、個人では「相続」、法人では「事業承継」の案件が増えています。不動産売買、土地活用の相談も増えており、社内に不動産業務部があります。私たちはお客様との関係を第一としており、その中で多様なご要望を受けますが、ワンストップで対応できるのが特徴。また、遺言信託にも力を入れています。弊社には野村信託銀行があり、状況によっては費用が他社と比べて3分の1程度になることもあります」

―地域貢献に力を入れている動機は。

 「弊社の業務内容が戸塚に貢献できると考えているからです。その思いで地域のまつり、工業会、法人会への参加も行っています」

―最後に今後の抱負を。

 「何か困り事ができたら『まず野村に聞いてみよう』という存在になりたいですね」 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

9月28日㈯ 食事と運動-生活習慣改善のヒント-

https://yokohamahp.jp/

横浜市戸塚の「石半」

墓石販売・お墓のリフォーム・修理・相談↓お墓のインターネット専門サイト↓

http://ohaka-ishihan.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

「国際」考える7回講座

明学横浜キャンパス

「国際」考える7回講座 文化

各界の講師登壇

9月19日号

介護相談窓口を開設

横浜銀行

介護相談窓口を開設 経済

会員向けに新サービス

9月19日号

安産めざす親に指針を

舞岡町の産婦人科医

安産めざす親に指針を 社会

知見元に書籍を上梓

9月12日号

理科好き子ども育てる

理科好き子ども育てる 社会

NPOがスタッフ募集

9月12日号

「ヴェネチア室内合奏団」公演

「ヴェネチア室内合奏団」公演 文化

本紙読者25組50人を招待

9月12日号

福祉施設発の水彩画展

福祉施設発の水彩画展 文化

16日まで さくらプラザ

9月12日号

吉良氏の足跡たどる

吉良氏の足跡たどる 文化

歴史研究会が千葉ツアー

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第225回

    男のおしゃれ学

    「異国人から見た日本人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月29日号

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

  • 男のおしゃれ学

    第223回

    男のおしゃれ学

    「女性と男性の見る目の違い」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月8日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク