戸塚区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

大正小児童 障害者スポーツに触れる 遠藤さんが母校で指導

スポーツ

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
クラッチという杖を持って遠藤さん(中央)と競争する児童。チームに分かれゲームも楽しんだ(右下)
クラッチという杖を持って遠藤さん(中央)と競争する児童。チームに分かれゲームも楽しんだ(右下)

 交通事故により、右足の太ももから下を失っている遠藤好彦さん(40)が11月7日、大正小学校で切断障害者がプレーする「アンプティサッカー」の指導を行った。同校は市教育委員会から「オリンピック・パラリンピック教育推進校」に指定されており、今回の取組はその一環。遠藤さんが卒業生だったこともあり、実現したもの。

 当日は、5、6年生を対象に、遠藤さんが自らの経験をまず語った。大学一年生のとき、原宿の自宅近くで二輪車運転中に事故を起こし、右足の太ももから下を失ったこと、薬科大学卒業後、薬剤師になったこと、35歳のとき、妻からアンプティサッカーを紹介され、その面白さに魅了され、クラブチームにも所属、昨年にはワールドカップ代表選手に選出されたことなどを話した。その後、5年生に「クラッチ」という杖を使って走ったり、ボールを蹴たりする方法を指導。最後に皆でゲームを楽しんだ。

 児童らは「面白かった。足の不自由な人の気持ちが分かった」と感想を語り、山崎浩一郎校長は「子どもたちに障害者スポーツの魅力、共生社会の大切さを伝えてもらえた」と話した。遠藤さんは「障害への敷居は年々低くなっている。子供たちも喜んでくれて何より」と笑顔だった。

戸塚区版のローカルニュース最新6

春大会の参加チーム募集

戸塚区野球協会

春大会の参加チーム募集 スポーツ

2月13日まで

1月28日号

天体観測の魅力発信

天体観測の魅力発信 教育

柏尾町の南幸雄さん

1月28日号

東俣野で清掃活動

東俣野で清掃活動 社会

市民農園の利用者

1月28日号

無病息災願う、汲沢五霊神社のどんと焼き

マスクの徹底 呼び掛け

里見区福祉保健センター長

マスクの徹底 呼び掛け 社会

1月28日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク