戸塚区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

「空き家」どうする? 市、管理義務化へ条例施行

社会

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 今後、人口減少社会を迎える日本において「空き家問題」は過疎化が進んだ地方特有の話ではなく、東京や神奈川など都心においても発生する社会問題になっている。そこで、本紙では横浜南西部6区(戸塚区、港南区、旭区、瀬谷区、栄区、泉区)の空き家総数などを紹介する。

 総務省統計局の2018年住宅・土地統計調査結果によると、横浜市内には空き家総数が17万8300戸あり、内2万7900戸(15・6%)が腐朽・破損ありの状況だ。南西部6区でみると、戸塚区(1万1680戸)が一番多く、次いで、旭区(1万570戸)、港南区(8420戸)、瀬谷区(5400戸)、栄区(4740戸)、泉区(4630戸)と続く。腐朽・破損ありは旭区の2020戸が一番多く同区総数の2割ほどを占めている。

 横浜市はこのほど、空き家等所有者に対し、適切な管理を義務化する条例を施行した。放置されている空き家などへ、近隣住民からの相談件数が近年600件前後(1年間)で推移しており、今後も増加する空き家に対し、市としても早急に対策を打つ必要に迫られている状況だった。罰則規定はないが、空き家所有者に自主管理意識を高めてもらう狙いがある。

 住人がメンテナンスをしなくなった空き家は、経年劣化等で倒壊のリスクが高まるだけでなく、地域景観への悪影響などさまざまな問題を引き起こす。所有している「空き家」あなたならどうしますか。

戸塚区版のローカルニュース最新6

戸塚駅で「音楽の街づくり」

ストリートライブ

戸塚駅で「音楽の街づくり」 文化

次回は6月18日

5月26日号

鎌倉武士の活躍に迫る

戸塚見知楽会

鎌倉武士の活躍に迫る 文化

6月18日 区庁舎で講演会

5月26日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月26日号

舞岡地区センで体力測定

舞岡地区センで体力測定 社会

6月12日 介護相談も

5月26日号

サツマイモの苗植え

秋の楽しみ…

サツマイモの苗植え 教育

しらかば幼稚園児

5月26日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook