高津区版 掲載号:2011年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

公開プレゼンに5団体 高津区協働事業へ様々な企画・提案

今年度の採用事業である地域ネットーク推進会議の事業報告も行われた
今年度の採用事業である地域ネットーク推進会議の事業報告も行われた

 市民と行政がパートナーとなり、地域の課題を解決に導く「高津区協働事業提案事業」の公開プレゼンテーションが今月13日、高津区役所で開かれた。

 今回が5回目で、昨年末までに応募のあった5つの市民活動団体のほか、有識者からなる選考委員会と地域住民ら50人が参加。各団体の代表者が、提案する事業内容や行政と協働する意義などを解説した。

 「かわさきかえるプロジェクト(伊中悦子代表)」は廃食油をバイオディーゼル燃料に変えて区内を巡るエコバス事業を提案。「持続可能な地域交通を考える会(井坂洋士代表)」は人と環境にやさしい自転車タクシーで地域コミュニティの活性化を図る。「NPO法人高津総合型スポーツクラブSELF(平口和宏代表)」は、区民の健康や娯楽としてのスポーツを促進するためのネットワークづくり推進事業をアピール。「NPO法人高津区文化協会(鈴木穆代表)」はブックレット「久地円筒分水と平賀栄治〜水恩の人」を発行し普及を進める。「NPO法人教育活動総合サポートセンター(宮田進代表)」は子育て関係機関と連携し放課後の児童・生徒を支援する事業を発表した。

 選考委員会の評価は区長に提言され、今月末までに採用事業が決定する。事業期間は今年4月から1年間。選ばれた事業には区から上限150万円までの経費が補助される。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前橋汀子リサイタル

前橋汀子リサイタル

糀ホール 読者5人を招待

4月7日~4月7日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三七回 「高津区の景観とまちおこし」

    高津物語

    3月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」

    高津物語

    3月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク