高津区版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

短冊に思い思いの願い込め 区内各地で七夕飾り

(上から)短冊を取り付ける園児ら(高津署)/お母さんに抱えられて(市民プラザ)/被災地復興を願う句を添えて(グループホーム高津)
(上から)短冊を取り付ける園児ら(高津署)/お母さんに抱えられて(市民プラザ)/被災地復興を願う句を添えて(グループホーム高津)

 短冊に願い事を書き、竹に飾り付ける七夕の行事が区内各地で行われた。参加者それぞれの願いを短冊に書き込めていた。

園児と警察官が一緒に飾りつけ

 交通安全を願う七夕飾りが先月28日、高津警察署で行われ、川崎めぐみ幼稚園の園児40人が署を訪れた。

 園児らは「交通事故が減りますように」「みんなが笑顔でいれますように」などと願い事を短冊に書き込み、高津署員も「安心・安全街づくり」「交通事故防止」などの短冊を作製し、全長約10mの大型の竹の枝に飾りつけた。正面玄関前に設置した七夕飾りを前に、署員や園児らは「七夕」の歌を元気に合唱した。

 鳴海署長は「交通ルールを守って、事故に遭わない様にしましょう」と園児に呼びかけた。

コンサートやパネルシアターも開催

 川崎市民プラザ恒例の七夕まつりは今月1日に屋内広場で行われた。ソプラノ歌手桜井純恵さんの七夕コンサートやハッピーメロディの二人によるパネルシアターが披露されると会場は大いに盛り上がった。

 広場に置かれた竹飾りには、来場者が取り付けたたくさんの短冊や飾りが取り付けられていた。短冊には「みんなと一緒に遊べるように」「バラ組みになれますように」など様々な願い事が書かれていた。

介護施設では入所者が被災地復興を願う

 上作延のグループホーム高津(ヒューマンライフケア(株)/森川妙子施設長)では仙台七夕をイメージし入所者18人と職員が作製した七夕飾りを、昨日まで施設の正面玄関前に飾った。

 配色は3種。青は海をイメージし、白には亡くなった方への祈り、黄には今後の希望を託した。

 入所者は「地震の時は怖かった」「家が流された人はかわいそう」などと震災を振り返りながら、森川さんが詠んだ句「浜木綿の 芽吹く力ぞ 東北魂」の文字をちぎり絵に仕立てていった。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク