高津区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

連載【15】「町内会・自治会の震災対策」 坂戸日商自治会 独自の訓練続け24年

 今や250人が参加する独自の防災訓練を初めて実施したのが24年前。以前は秋に行っていたが、天候不良で中止になり、日程の調整がつかず順延もできなかった年があった。以来、実施時期を秋から春に変更し、毎年の行事としている。「やはり(訓練は)続けなければ」と冨田さん。継続こそが意識の高揚や経験の積み上げになり、有事に活きるとの思いは強い。

 防災対策は会長、担当8人が中心。長年、同自治会の防災事情を見つめてきた面々だ。阪神淡路大震災の被災者もいる。

 簡易トイレや車椅子、発電機、ジャッキといった資機材は毎年、計画的に購入している。それに合わせて備蓄倉庫も増設した。

 課題は住人の高齢化。「いざという時、短時間で外階段を下りられるか」(冨田さん)と危惧し、「若い世代が不在の場合だってある。現実に即した防災体制の見直しも必要だろう」と気を引き締めた。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

再建に掛けた地元の想い

久末天照大神で竣功奉祝祭

梶ヶ谷Bが女子の部V

ミニバス男女サンダース杯

梶ヶ谷Bが女子の部V

4月13日号

久地FCが10周年

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

稚児行列が祭に華添え

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク