高津区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

市議選まであと1年 定数9に12人前後出馬か 現職は6人が続投の意思

政治

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 統一地方選挙まであと1年。高津区では川崎市議会議員と神奈川県議会議員の選挙が行われる。そこで本紙では、現職議員、政党関係者等に独自取材を行った。定数9人の市議会では現職6人のほか、新人2人と前職1人が出馬の意思を固めたことが明らかになった。(4月22日起稿)

 川崎市議会議員の高津区の定数は9人。前回2011年の選挙では11人が立候補し、議席を争った。

 現職で政党の公認が出ている、または出馬の意思を明らかにしているのは、青木功雄氏(36・自民党・2回)、猪股美恵氏(64・無所属・6回)、岩隈千尋氏(39・民主党・2回)、大島明氏(59・自民党・4回)、小川顕正氏(30・みんなの党・1回)、粕谷葉子氏(57・無所属・4回)の6人(五十音順、カッコ内は年齢・所属政党・当選回数)。

 公明党の後藤晶一氏(61・5回)と岡村テル子氏(62・3回)の2氏は、党の発表がされていないため「現段階では取材に応じることができない」と去就を明らかにしなかった。共産党の石田和子氏(67・4回)は、今期で引退する。

 新人では、共産党の石田氏の後継として、宗田裕之氏(55)が出馬に向けて準備を進めている。自民党は第2次公認候補の受付を4月中旬で締め切り、高津区では小泉昭男参議院議員の元秘書が申請しているという。関係者によると現在、審査日程を調整中で、現段階では氏名などの発表はできないとしている。

 前回選挙で落選した堀添健氏(51)は本紙の取材に応じ、立候補の意思があることを認めた。本人は民主党から出馬する意向で、党の公認獲得に向け、準備を進めている。

 また、日本維新の会では公認候補が発表されており、川崎市議会では2人の名前が浮上している。同党神奈川県総支部は「どこの選挙区で出馬するかは現段階では発表できない」としている。

 一方、定数2人の県議会議員選挙(高津区)は、目立った新人候補の動きはなく、現職の小川久仁子氏(61・自民党・4回)と斉藤尊巳氏(37・無所属・1回)が立候補を予定している。

高津区版のトップニュース最新6

コロナ禍「お互い様」精神で

高津区社会福祉協議会

コロナ禍「お互い様」精神で 社会

食料150人分を無料配布

4月16日号

「溝劇」と強力タッグ

NPO法人「ダンス ラボラトリー」

「溝劇」と強力タッグ 文化

コロナ禍、活動の幅に期待

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

コロナ下、運動不足解消を

溝口「ムサシボウル」

コロナ下、運動不足解消を 文化

「健康教室」チャリティ開催

4月9日号

追悼の声、川崎からも

柔道・古賀稔彦さん急逝

追悼の声、川崎からも 社会

多大な功績に謝意

4月2日号

市民提案事業に4団体

高津区

市民提案事業に4団体 社会

学生向けセミナー開催など

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter