高津区版 掲載号:2014年10月10日号 エリアトップへ

自治会活性化条例 超党派有志が骨子案 役割や責務を明確化

社会

掲載号:2014年10月10日号

  • LINE
  • hatena

 超党派の市議会議員の有志でつくる「町内会・自治会条例検討プロジェクトチーム」が町内会・自治会活動の活性化に関する条例の骨子案をまとめ、8日に公表した。12月の議会で制定をめざし、現在、市民の意見を受け付けるパブリックコメントを実施している。

 資料によると、市内の町内会・自治会加入率は65・5%(昨年4月1日時点)で、20年前の74・5%から大幅に低下している。

 プロジェクトチームの座長を務める林浩美議員は「条例がないと加入を勧めづらく、条例化を求める声は町内会の役員から多く挙がっていた」と話す。

 同チームが作成した骨子案は市の責務や町内会・自治会の役割、不動産事業者の入居者への情報提供の役割などをまとめている。

 ただ、任意団体である町内会を条例で規定することに対して共産党は反対の立場だ。

 共産党川崎市議団の市古映美団長は「町内会活動の重要性は認識しており、援助も大切だと考えている。しかし、町内会・自治会は任意団体であり、行政の下請けではないので条例で縛るのは適切ではない」と話している。

 県内では横浜市と横須賀市で同様の条例が議員提案によって制定されている。

 市議会では11月7日までパブリックコメントを実施している。意見の提出は市議会ホームページの専用フォームかファクシミリ、または郵送・持参で川崎市議会議会局(【FAX】044・200・3953/川崎区宮本町1番地川崎市役所第2庁舎5階)へ。

高津区版のトップニュース最新6

神社で「持ち帰りグルメ」を

地元有志が企画

神社で「持ち帰りグルメ」を 経済

30日 ドライブスルーで実施へ

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

テイクアウトPRに一役

シェアスペース「ノクチラボ」

テイクアウトPRに一役 文化

地元飲食店に無償提供

5月22日号

「医療現場で役立てて」

区内・坂戸ホテルKSP

「医療現場で役立てて」 社会

シャワーキャップを寄贈

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

垣根超え 飲食店応援

二子新地2商店会

垣根超え 飲食店応援 文化

「持ち帰り」マップ発行

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    5月29日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.4  「塗装業者選びの判断基準」とは?【3】

    5月29日号

  • 溝ノ口劇場

    溝ノ口劇場

    クラウドファンディング「小劇場エイド基金」にご協力ください

    5月22日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク