高津区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

昨年の区内火災件数 前年比21%減の48件 たばこ火災の減少が顕著

社会

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 高津消防署(越谷成一署長)によると、2014年に区内で発生した火災件数は、前年比21・3%減の計48件だった。市内全域での火災件数が増加している中、同署は「たばこの不始末が減少するなど、区民の防火意識が高まっているのでは」と話している。

 高津消防署のまとめによると、昨年1月1日から12月31日までの区内における火災発生件数は、前年の61件を13件下回る計48件だった。市全域では前年の337件に比べ昨年は381件と、計44件増加している。

 高津区内での火災件数減少の背景について、同署は「たばこの不始末などによる火災発生の減少が顕著だった」と指摘する。たばこに起因する火災発生件数は前年8件だったが、昨年はわずか1件にとどまった。前年比で減少した13件のうち、7件が「たばこ」の関連だったことについて、同署は「春、秋と実施している火災予防週間での防火への呼び掛けや、各地域独自で実施している自主防災訓練での啓発活動により、区民の日ごろの防火意識が高まりつつあるのでは」と話している。

 火災原因の内訳をみると「放火」が18件(37・5%)と最も多く、次いで「コンロ」関連が計11件(23%)と続いた。区内での放火件数は毎年ほぼ横ばいだという。高津区内の多摩川河川敷には、冬になると多くの枯草、枯れ木がみられ、同署によると、こうした枯草などへの着火も放火件数として含まれているという。

 高津消防署警防課によると、冬期の火災予防策として、暖房器具の使用に注意が必要という。「洗濯物を乾かそうと、付けっ放しにしたこたつの中に洗濯物を入れたままにしておくことも火災原因になる」と指摘する。

 また、市は防火のための3つの習慣として【1】寝たばこは絶対にやめる【2】ストーブは燃えやすいものから離れた位置で使用する【3】ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す―を市民に呼び掛けている。
 

高津区版のトップニュース最新6

税収減56億、補てんへ

川崎市ふるさと納税

税収減56億、補てんへ 政治

推進本部発足 「返礼品に力」

6月21日号

「地区割り」大幅見直し

区民生委員改選

「地区割り」大幅見直し 社会

大型集合住宅、単体地区に

6月21日号

33年尽力、宮田会長が退任

高津防犯協会

33年尽力、宮田会長が退任 社会

新会長に大島氏

6月14日号

庭の自然生かし新企画

小黒恵子童謡記念館

庭の自然生かし新企画 文化

セミの抜け殻を学びに

6月14日号

善意のごみ拾い、3年目へ

下作延在住関口さん

善意のごみ拾い、3年目へ 社会

収集量は「キリン1頭分」

6月7日号

「子ども見守り」総がかりで

高津区

「子ども見守り」総がかりで 社会

重大事件等受け、対策強化

6月7日号

恵みの雨で状況ガラリ

多摩川アユ釣り

恵みの雨で状況ガラリ 文化

地元漁協も安堵、明日解禁

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク