高津区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

NECGS溝の口 3選手が全国優勝 JOC春季水泳大会で

スポーツ

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
優勝を果たし、メダルを手にした(左から)山尾さん、伊賀崎さん、中野さん
優勝を果たし、メダルを手にした(左から)山尾さん、伊賀崎さん、中野さん

 国内の若手スイマーたちが競い合う「第37回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」が3月27日から同30日まで、東京辰巳国際水泳場で開催され、NECグリーンスイミングクラブ(NECGS)溝の口に所属する3選手が優勝に輝いた。

 伊賀崎ひかるさん(17、当時白鵬女子高2年)は50M自由形に出場。25・39秒で泳ぎ切り、JOCでの自身初優勝を手にした。「8月のインターハイ、9月の国体に向けて、良い一歩が踏み出せた」と喜びを語る。さらに好タイムを出すために「今後は、泳ぐフォームをもっと綺麗にしたい」と意欲を見せた。将来は五輪出場を目指している。

 50M平泳ぎ13〜14歳の部で優勝を果たしたのは山尾隼人さん(13、当時西中原中1年)。「順位が良くて嬉しかった」と話す一方、29・13秒の記録について「タイムには納得していない」と自らを戒めるように言葉を紡ぐ。「目標は全中(全国中学校水泳競技大会)の決勝出場。もっと勢いを出すために、キレのある泳ぎができるようになりたい」

 中野功大さん(12、当時東高津小6年)は、50M平泳ぎ11〜12歳の部で王者の座を勝ち取った。決勝での記録は30・59秒。自身のベストタイムでの優勝だった。「50Mでは優勝できると思っていた。でも100Mで2位だったのが悔しい」と中野さん。「前半は誰よりも早く泳げる。でも後半で勢いが落ちるので、体力、筋持久力を強化したい」と自らの課題を分析した。

 NECGS溝の口は今大会、多くの選手の活躍が光り、全国クラブ対抗戦で総合5位を獲得した。

高津区版のローカルニュース最新6

「安全安心の五輪やりきる」

【web限定記事】知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 社会

感染防止へマスク会食も訴え

1月15日号

遠因に新型コロナの影響も?川崎市の昨年1年間の「救急車出動件数」が12年ぶりに減少

【web限定記事】

遠因に新型コロナの影響も?川崎市の昨年1年間の「救急車出動件数」が12年ぶりに減少 社会

感染リスク恐れ”病院控え”の推測も

1月15日号

川崎市が舞台のラジオドラマ「ワンダーワールド」に鬼頭明里さん(鬼滅の刃 竈門禰豆子役等)ら豪華声優陣が出演

川崎ブレイブサンダース、千葉下し4強

【Web限定記事】

川崎ブレイブサンダース、千葉下し4強 スポーツ

天皇杯初戦 ホームとどろきでリベンジ果たす

1月15日号

成人式、宣言下で敢行

【Web限定記事】川崎市

成人式、宣言下で敢行 文化

出席者は昨年比4割減

1月15日号

会田さんが環境大臣表彰

会田さんが環境大臣表彰 社会

長年の環境美化に功績

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク