高津区版 掲載号:2015年5月1日号 エリアトップへ

区内小学生 仲間と創る、魅せる剣術 地域イベントで披露

文化

掲載号:2015年5月1日号

  • LINE
  • hatena
左上から時計回りに高橋(兄)君、萬歳君、平塚君、中村君、高橋君、中村君(兄)
左上から時計回りに高橋(兄)君、萬歳君、平塚君、中村君、高橋君、中村君(兄)

 5月5日は、こどもの日―。そこで区内外で活躍する小学生を紹介する。剣劇ドラマや舞台で斬り合い場面の芝居をする殺陣。高津総合型スポーツクラブSELFの殺陣剣術教室に通い、5月10日の中原街道時代まつり(中原区)に出演する小学生6人を取材した。

 高津総合型スポーツクラブSELFの殺陣剣術教室は、週に1回、高津中学校で開かれ、小学生から大人までが練習に参加している。

 同教室は高津区民祭など、地域のイベントに参加し、5月10日は中原街道時代まつりへ出演する。大人と一緒に演武を披露するのは、高橋淳音君(坂戸小6年)・律希君(同5年)兄弟、中村彰太郎君(久本小6年)・画(えがく)君(同4年)兄弟、萬歳聖音(ばんざいせいん)君(新作小6年)、平塚達也君(久地小6年)の6人。

 当日の演武は約5分間。篠笛や太鼓の音楽に合わせ、殺陣剣術を披露する。

 練習では、剣先の角度や立ち位置、全体の流れを入念に確認。同教室では、手付け(振付)を自分で考える。中村彰太郎君は「切られる方が好き。倒れる芝居の方が自分を表現できる」と話す。競うのではなく表現することが殺陣剣術。互いに呼吸と間合いを読む「剣を通したコミュニケーション」が殺陣の魅力だ。

 「覚えるのは大変だけど、お互いの息が合って出来上がっていくのは嬉しい」と高橋律希君。本番に向け、練習に熱が入る。

高津区版のトップニュース最新6

被災コアラに2,000豪ドル

【Web限定記事】アップコン株式会社

被災コアラに2,000豪ドル 社会

独自の「健活ポイント」を現金化し寄付

2月19日号

ライスワックス使用でより安心の筆記具に

【Web限定記事】風呂用 キットパス

ライスワックス使用でより安心の筆記具に 文化

久地・理化学工業が新改良

2月19日号

防犯ベストで犯罪抑止

リメーキングワールド

防犯ベストで犯罪抑止 社会

資源回収業者がパトロール

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 経済

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

確定申告会場 3密回避を

川崎北税務署

確定申告会場 3密回避を 社会

e-Taxや郵送を推奨

2月5日号

危機乗り越え「初午祭」

下作延・辰の谷稲荷神社

危機乗り越え「初午祭」 文化

地元風物詩の一つ、今年も

2月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク