高津区版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

高津区市民健康の森 ホタルの灯 絶やさない 観賞会中止も復活に意欲

社会

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
過去のホタルの写真と徳武会長
過去のホタルの写真と徳武会長

 高津区市民健康の森(たちばなふれあいの森)で10年以上実施されてきたホタル観賞会が今年は中止になった。ホタルが繁殖できなかったためで、主催者の高津区市民健康の森を育てる会の徳武道雄会長は「来年以降は復活させたい」と語る。

 徳武会長によると、ホタル観賞会は高津区市民健康の森が発足した2002年から昨年まで実施されてきた恒例行事だった。

 「森にはかつてホタルが自生していた」との証言もあり、健康の森を育てる会がホタルの飼育に挑戦。最盛期には800匹ほどのホタルが乱舞した。観賞会は横浜や都内からも来場があり6千人が訪れることもあったという。

 森に流れる小川にはホタルの餌となるカワニナがいないため、毎年会員が自宅で繁殖に取り組んできた。観賞会が終わるとホタルを捕獲し、産卵、ふ化、成虫の一歩手前まで育て、橘小学校の児童と川に放流していた。美しい光の舞台裏には会員たちの努力があった。

 しかし、一昨年から急にホタルの数が減少。昨年生まれてきたホタルがオスばかりとなり、繁殖は絶望的になってしまった。徳武会長は「ホタルの繁殖に力を入れている場所に勉強に出かけたりしたが、オスが多くなってしまった理由は分からなかった」という。

 ホタルの幼虫を購入し繁殖を試みたが成功せず、今年の観賞会の開催は断念した。来年の開催に向けて親ホタルを購入したが、産卵する気配がないという。徳武会長は「このままでは来年の開催も危ない。しかし、ガイドブックなどにも掲載のある地元の名所。何とかしてホタルの光を復活させたい」と話した。

高津区版のトップニュース最新6

“メタル尺八”量産化へ

久地早川製作所

“メタル尺八”量産化へ 社会

高精度の品質を実現

11月27日号

高津署、防犯協会と協定

第一生命(株)川崎支社

高津署、防犯協会と協定 社会

川崎市内では初の取組み

11月27日号

防げ「2度目のクラスター」

高津警察署

防げ「2度目のクラスター」 社会

地元企業が抗菌施工

11月20日号

中高生に「投資の概念」を

中高生に「投資の概念」を 社会

坂戸の高橋さんが入門書

11月20日号

オンラインで国際交流

洗足学園中学校

オンラインで国際交流 教育

11月13日号

大山街道で謎解き

高津区

大山街道で謎解き 文化

「密」避ける新企画

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク