高津区版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

10月27日 セレサモス宮前店オープン 市内農産物の大型直売店

経済

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
セレサモス宮前店の外観イメージ図
セレサモス宮前店の外観イメージ図

 セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎)は10月27日、宮前区内に大型農産物直売所「セレサモス宮前店」をオープンする。麻生店に次いで2店舗目の出店。川崎市内で収穫された新鮮な農産物を中心に販売する。オープンを記念し、11月3日までフェアを開催する。

 セレサモスはJAセレサ川崎が運営する大型農産物直売所。08年4月に麻生区黒川に1号店がオープンした。川崎産農産物のブランド化を図ることを目的として、市内で農業を営む出荷登録者が収穫したての農産品を各自持ち込んで販売している。登録者が価格を設定するため、良心的な価格で提供されるとあって人気を博している。麻生店は今月で来場者数250万人を達成した。

 今回の新たな出店地は宮前区宮崎のJA全農かながわの牛乳工場跡地(住所=宮前区宮崎2の1の4)。JAセレサ川崎本店から北西約400メートルに位置し、東急田園都市線宮崎台駅から徒歩約6分の徒歩圏内にある。

 7120平方メートルの敷地には農産物直売所と生産資材店舗が立地する。農産物直売所は鉄骨造の地上2階建て。延べ床面積は約1453平方メートルで、1階に直売所を配置し、2階は研修や料理教室などに利用できる多目的ホールを設ける。直売所では新鮮な野菜や果物、花、農産物加工品などが販売される。

フェアで各特産品も

 生産資材店舗は軽量鉄骨造の地上2階建て。1階に肥料や農機具、園芸用品などを販売する店舗スペースとし、2階は事務所スペースとして活用する。

 駐車場はコインパーキング方式で114台収容。32台分の駐輪場も設置する。

 初日の27日(火)はオープン記念イベントを開催。餅つきの実演と餅の販売、豚汁の無料配布(数に限りあり)などがある。1000円以上の利用者先着5000人に記念品をプレゼントする。また11月3日(祝)まで、提携するJAの特産品などを販売するオープニングフェアを実施する。

 JAセレサ川崎は「JAでは、セレサモスを拠点として、市内の農業情報を発信し、農業振興を図り、新鮮で安全・安心な農産畜産物の供給に努めてまいります。生産者の顔が見える信頼ある市内農畜産物をぜひ、お買い求めください」とコメントしている。

 営業時間は午前10時から午後6時まで。定休日は毎週水曜日と年末年始。

 問い合わせは、セレサモス宮前店(【電話】044・853・5011)。

店内には新鮮な野菜や果物がずらり(写真は麻生店)
店内には新鮮な野菜や果物がずらり(写真は麻生店)

高津区版のトップニュース最新6

コロナ禍3年目に向けて

高津区三師会

コロナ禍3年目に向けて 社会

各会長に抱負など聞く

1月14日号

「弱さ」に寄り添い30周年

夢パーク運営NPO法人「たまりば」

「弱さ」に寄り添い30周年 社会

高津拠点に居場所づくり

1月14日号

「地に足の着いた区政」を

「地に足の着いた区政」を 社会

鈴木区長が所感語る

1月7日号

新成人2116人

高津区

新成人2116人 社会

1月10日、祝うつどい

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

「目標は総合優勝」

國學院大

「目標は総合優勝」 スポーツ

箱根駅伝に向け意気込み

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook