高津区版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

県立高20〜30減へ 県教委が改革素案

教育

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena

 現在142校ある神奈川県立高校を20〜30校減らす――。神奈川県教育委員会は16日、県立高校の学校数を削減する内容を盛り込んだ「県立高校改革実施計画」素案を発表した。現在、県民の意見を受け付けるパブリックコメントを実施している。

 同計画の期間は2016年度から27年度までの12年間で、主要課題が県立高校の再編統合。現在の高校数のままでは、入学者数が受け入れ可能な枠数を大幅に下回ると見込まれる。少子化が進む中、高校によっては生徒数に対して学校やクラス、部活動の数が多い状況となり、学校としての活気が保てないという懸念があったという。

 県教委によると、県内の公立中学校の卒業予定者数は1988年の12万2000人をピークに減少傾向が続き、今年3月には6万9744人にまで減少した。15年後の2030年は、6万2249人にまで減少すると推測されている。

 高校数の削減は、学校規模を拡大し、必要な定員数を確保するため、計画的な適正配置をめざすのが目的。また、学区も再編する。川崎北部、川崎南部など18エリアに分かれていた旧学区を横浜北東・川崎(31校)、横浜南西(31校)、横須賀三浦・湘南(26校)、中・県西(21校)、県央・相模原(33校)の5つのエリアに再編する。

 県教委の担当者によると、学校は地域コミュニティの核となるという視点から、単純な人口分布だけを基準にせず、通学の利便性や地域バランスを考慮して取り組む予定だという。16年から20年までに再編される高校は来年1月頃に発表する予定としている。

パブコメ募集

 県教育委員会では現在、この計画案について県民からの意見を受け付けるパブリックコメントを実施している。案は県教育委員会のホームページなどで閲覧できる。意見の提出は11月16日(月)まで。

 問い合わせは神奈川県教育委員会教育局(【電話】045・210・8280)。

高津区版のローカルニュース最新6

18区に横田氏擁立

日本維新

18区に横田氏擁立 政治

IT会社代表取締役 元県議

10月30日号

マスク姿で合同防災訓練

明石穂・槍ヶ崎両自治会

マスク姿で合同防災訓練 社会

近隣の利活かし4回目

10月30日号

瓦職人の消火活動を表彰

高津消防署

瓦職人の消火活動を表彰 社会

仕事中の功績称える

10月30日号

秋の多摩川で「二子の渡し」

秋の多摩川で「二子の渡し」 文化

乗船体験で歴史探訪

10月30日号

在宅医療を学ぶ

在宅医療を学ぶ 文化

11月14日、シンポジウム

10月30日号

いじめ認知 過去最多

川崎市立小中学校

いじめ認知 過去最多 社会

 市、調査結果を発表

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク