高津区版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

日本・ラオス合作映画 川崎経済界などが制作協力 両国外交60年記念作で

文化

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena
商工会議所で行われた製作発表会(右から5人目が山田会頭)
商工会議所で行われた製作発表会(右から5人目が山田会頭)

 日本とラオスの外交関係樹立60周年を記念した両国の合作映画制作が現在進んでいる。このプロジェクトの後援団体として、川崎商工会議所に加え商議所の山田長満会頭が委員長を務める「日本ラオス映画委員会」などが参画し、支援活動を行っている。

 この合作映画のタイトルは「サーイ・ナームライ〜流れゆく龍の村で〜」。舞台は1960年、ラオス中部を流れるナムグム川で、日本人作業員たちが参加したダム建設にまつわる実話をベースにしている。2015年からタイムスリップしたラオス人少女と水量調査の際に事故に巻き込まれた日本人青年の交流などが映画で描かれている。

 オールラオスロケとなっている同作は日本映画大学(麻生区)出身の熊澤誓人氏が監督・脚本を務める。川崎商工会議所は昨年、ラオス商工会議所と協力協定書を締結するなど、同国との関係が深いこともあり支援することが決まった。新たに設立された日本ラオス映画委員会には映画大学やラオスと縁がある地元企業なども加わっている。

初の合作映画へ支援を

 川崎商工会議所は今回の取り組みについて「日本とラオス、初の合作映画ということで理解を求めながら協賛の呼びかけやPRで映画制作に協力していきたい」と話す。映画は11月に撮影が終了し、編集作業などを経て来年3月中に完成させるスケジュール。以降、ラオスや川崎市内での上映会、全国劇場配給を目指して活動していく。

 今回の両国合作映画制作に関する問い合わせなどは日本ラオス映画委員会事務局【川崎商工会議所内】野口さん(【電話】044・211・4113)へ。
 

高津区版のローカルニュース最新6

等々力ライブ決定

SHISHAMO

等々力ライブ決定 文化

来年8月9日 中止乗り越え

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

歩いて魅力、体感して

大山街道

歩いて魅力、体感して 文化

学習講座の参加者募集

10月11日号

「インフルエンザ」最新情報

「インフルエンザ」最新情報 社会

10月29日 (火) 桜木町で講演会

10月11日号

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう 文化

その場で撮影、写真進呈

10月11日号

自主返納 高津でも増加

運転免許

自主返納 高津でも増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月11日号

ハシゴめし、「想像以上」の人出

ハシゴめし、「想像以上」の人出 文化

開始早々、売り切れ続出

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク