高津区版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

年頭所感 日本一魅力的な商工会議所に 川崎商工会議所 会頭 山田長満

文化

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 皆様には、希望に満ちた新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

◇川崎は魅力がいっぱい

 川崎は国際産業都市・研究開発都市・環境先進都市・臨空臨海都市・イノベーション都市であり音楽・スポーツ・映像など文化都市であります。

 平成16年10月から10年間の人口増加率は政令指定都市で第1位です。昨年、政令指定都市のなかで京都市を抜いて第7位・人口147万人となりました。首都圏のなかでも、東京と横浜の中心に位置する一大マーケットでもあります。

 市内の7つの区にはそれぞれ個性があり、7つの虹色に輝いています。

 「日本一働きたい街」「日本一住みたい街」にしてまいりましょう。

◇中小企業・ファミリー企業・ベンチャー企業は地域経済活性化の担い手

 中小企業・ファミリー企業・ベンチャー企業は地域経済活性化の担い手であります。雇用の70%を担っており市民生活・街の元気に大きな役割を果たしております。

 昨年3月、川崎の発展、中小企業・ファミリー企業・ベンチャー企業の成長発展・活性化を目指し経済界が中心となって策定した「川崎市中小企業活性化のための成長戦略に関する条例」を川崎市政府、川崎市議会に要望させていただきました。

 地元経済界からの提言を受けての条例制定は、全国的にも例のない取り組みであります。川崎市政府、川崎市議会に感謝を申し上げます。本年4月からの施行を期待しております。

 政府は2016年度からの法人税引き下げにかかる財源を、赤字企業にも従業員の給与や資本金に応じて課税する外形標準課税(法人事業税)を拡大して確保するとしています。担税力の無い赤字企業に負担が増え絶対反対です。現在は資本金1億円超の法人に課税されており、その対象の拡大は中小企業に負担が増え絶対反対です。中小企業の約7割は赤字であり、雇用を守り、努力をしています。

◇新産業・次世代産業・自然資源エネルギー産業・医療機器産業の創出を

 政府が「新3本の矢」で掲げた現在約500兆円の名目GDP(国内総生産)を2020年ごろに600兆円にするためには、名目で年率3%以上のペースでの成長が必要です。

 「新3本の矢」は強い経済、子育て支援、社会保障がキーワードであり、強い経済は産業界・経済界がエンジンであり挑戦しなければなりません。

 産業活性化・経済活性化に新産業・次世代産業・自然資源エネルギー産業などを創出する必要があります。

 温故知新の発想・組み合わせの発想で高度情報化社会・少子高齢化社会など時流・底流を先手取りして、人びとのお役に立つ製品・サービスを創り出していきたいものです。若者のアイディア発想も製品・サービス創りにどんどん取り入れていくことも重要です。

 マイクロソフト社の創業者であり高度情報化社会・コンピュータ時代を創った功績者のひとりビル・ゲイツ氏は共同創業者のポール・アレン氏と2人で高校生の時にベンチャー企業をつくっています。昨年7月、理化学研究所・富士通のスパコン「京」が世界一に輝きました。東京工業大学博士課程の上野晃司氏が開発したアルゴリズム(計算法)で、性能がほぼ二倍に向上したことが快挙につながりました。

 起業家精神旺盛な挑戦する若者・女性・外国人・シニア世代の起業家を応援していきたい、起業家の「イノベーション」「創造的破壊」に期待しています。

 第二のビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグを川崎・日本から誕生させたいものです。

 2015年11月28日、日本経済新聞より「日本には積み重ねてきた技術がある。神奈川県茅ヶ崎市の由紀精密。従業員は30人足らず。どこにもありそうな町工場だが微細な金属加工を武器に人工衛星の部品を製造、国内外の航空宇宙メーカーに供給する。「宇宙産業はまだまだ大きくなる」。社長の大坪正人(40)は確信する」とあります。

 川崎は高度先端技術を有する中小企業が集積しております。匠のワザで自社ブランド製品にも挑戦いただきたいと思います。

 川崎市政府が力を入れております「ライフイノベーション」「グリーンイノベーション」「ウエルフェアイノベーション」は重要な取り組みです。

 人類の未来を救う・人類の問題悩みを解決する自然資源エネルギー産業・地球温暖化対策産業・少子高齢化対策産業など産業人・経済人の果たさなければならない役割は多く、大企業・中小企業・ベンチャー企業の連携、産官学の連携、地域の連携、海外との連携などそれぞれの資源・強みをいかして未来を切り拓いていきたいものです。

 政府には名目GDP600兆円に向かって大胆な規制改革を決断いただきたいものです。

◇中小企業・ベンチャー企業もメコンへ・ASEANへ・世界へ

 昨年12月31日ASEAN経済共同体(AEC)が発足しました。域内の関税撤廃や外資規制の緩和、熟練労働者の移動自由化などが進められます。10カ国域内人口約6億人、域内総生産(GDP)約300兆円で生産拠点のみではなく大きな市場として魅力があります。

 当会議所は中小企業・ベンチャー企業の発展・成長戦略、海外展開を応援するためにメコン地域五カ国(ミャンマー・ラオス・ベトナム・カンボジア・タイ、人口約2.4億人)の商工会議所と産業連携協定を締結しています。また、昨年10月に大筋合意した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)には、ベトナムやシンガポールなどが参加しており相乗効果も期待できます。TPP参加12カ国全体の経済規模は世界のGDP約4割を占めており、世界最大の自由貿易圏となります。

 川崎は羽田国際空港に隣接し川崎港があり利便性が高い臨空・臨海都市であり中小企業・ベンチャー企業も成長戦略をメコンでASEANで世界で市場開拓・輸出入に挑戦したいものです。

 「日本一魅力的な商工会議所に」皆様のより一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。皆様にとりまして、飛躍の年幸多き年でありますよう心から祈念申し上げ年頭のご挨拶といたします。

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 文化

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

「岡本かの子、知って」

高津ゆかりの歌人・小説家

「岡本かの子、知って」 文化

生誕130周年企画、再び

10月18日号

銭湯の「プラスα」次々と

銭湯の「プラスα」次々と 文化

千年温泉のサービス、話題に

10月18日号

朝鮮学校でフェス

朝鮮学校でフェス 文化

27日「食と文化味わって」

10月18日号

美術工芸人の技、今年も

高津区文化協会

美術工芸人の技、今年も 文化

市民館で「実演イベント」

10月18日号

等々力ライブ決定

SHISHAMO

等々力ライブ決定 文化

来年8月9日 中止乗り越え

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

有限会社タナカ塗装工業

創業49年、自社施工で安心価格と高品質を実現

https://itp.ne.jp/info/141803669100000899/

おいしいお酒と家庭料理のお店

野菜料理はお任せ!ヘルシー料理で宴会を!豪華ステーキ丼もお勧め

https://vegelabokajigaya.owst.jp/

協親自動車株式会社

確実な整備、安心の保険、鈑金・塗装、新車中古車、車のことなら何でもお任せを

http://k-cars.jp/index.htm

溝ノ口劇場専属 カナコレBAN

溝ノ口劇場のオープンと共に結成されたバンド 8月25日「パラ夏まつり」に出演

https://www.mizogeki.com/kanacole

エレックス工業株式会社

ハードウエアからソフトウエアからシステムで未来をつくります

http://www.elecs.co.jp

かわさき市民活動団体 Ship

お子さんの凸凹特性にお悩みのお母さん、一緒にお話しませんか?

https://shipmentor.jimdofree.com/

有限会社 七樹

居宅介護支援と訪問看護のケアサービスをご提供しております

https://www.nanaki-kaigo.com/

上松合金製作所

アルミ鋳造品から、機械加工、板金加工、プレス、その他お困りのことがあれば是非

http://www.uematsu-co.com/

ボリューム満点、愛される洋食店

創業50年以上の老舗洋食レストラン「ユニオン」。宴会も承ります

https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140505/14021021/

044-850-0038

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク