高津区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

書き続けて「生きられた」 「高津物語」鈴木穆さん

社会

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena
「勉強が自分の生きる姿勢」と鈴木穆さん
「勉強が自分の生きる姿勢」と鈴木穆さん

 「高津物語」を書き続けて20年――。今号で944回目の連載を迎えるが、作者・鈴木穆(あつし)さん(79)は「まだまだ。全然書き足りないよ」と、さらなる意欲を見せている。高津の郷土史を研究し続け、積極的に学ぶ姿勢を忘れることはない。「20年間の研究量は半端ではなかった。だけど、学問的な掘り下げがまだ足りていないとも思う」。生きることは学ぶことだと、自己研さんを重ねる。

 タウンニュース高津区版創刊時の本紙記者の執筆要望に「書くことは嫌いじゃない」と軽い気持ちで引き受けたという。しかしそこから一度も休載することなく、本紙と共に年輪を刻んできた。毎号切り抜いて保存している読者も増えた。

 2年前にがんで入院した時も筆を止めることはなかった。「あの時が一番辛かった」。それでも書き続けることだけを考えていた。「『もっと書け』と神が言っていた。書き続けることで死から生還したと思っている」。大きな使命感と溢れる研究心が鈴木さんを動かしていた。

 連載はまもなく1000回を迎える。「毎日一生懸命書いてきたらいつの間に」と感慨深そうに語る。「高津に対して責任があるし、愛情もある。与えられた役割を果たしたい」。高津のために、そして自分のために、今日も筆を執る。
 

高津区版のコラム最新6

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

11月27日号

GO!GO!!フロンターレ

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.10 塗装業も歯科医も「専門家」を選べ

11月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第16話 その4 関口 務 さん

11月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第16話 その3 関口 務 さん

11月20日号

意外と知らない!?ボウリングの魅力

改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

意外と知らない!?ボウリングの魅力

第1回「ジュニア選手の育成」について

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク