高津区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

だじゃれで言葉を学ぶ 久本小2年生に授業

教育

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena
だじゃれを考える児童
だじゃれを考える児童

 だじゃれを通して言葉への興味を持ってもらおうと、川崎市立久本小学校で12月2日、2年生を対象に「だじゃれの授業」が行われた。

 講師を務めたのは、一般社団法人日本だじゃれ活用協会代表理事で同校PTAの鈴木英智佳(ひでちか)さん(41)。一つの単語の中に別の意味を持つ「かくれんぼことば」、お題からだじゃれをたくさん考える「だじゃれ玉入れ」などを実施。児童は班ごとに分かれ、身を乗り出して考える児童も。「トラがストラップを買う」「トラがトラウマになった」など、多くのだじゃれが教室を飛び交った。

 鈴木さんは「答えは一つじゃない。チームで取り組むことの大切さ、創作や表現の楽しさを感じてもらえれば」と話していた。

高津区版のローカルニュース最新6

ホームゲームに高津区民招待

川崎ブレイブサンダース

ホームゲームに高津区民招待 スポーツ

応募は区HPから

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

春告げる梅の香り

春告げる梅の香り 文化

梅林公園でこれから見頃

2月14日号

県赤十字から感謝状

川崎高津ロータリー

県赤十字から感謝状 社会

長年献血活動等に貢献

2月14日号

集結「ハーモニカ愛好者」

高津市民館入場無料

集結「ハーモニカ愛好者」 文化

23日に恒例コンサート

2月14日号

「祈願する少年」が区長賞に

“映える”風景フォトコン

「祈願する少年」が区長賞に 文化

2月21日から作品展示も

2月14日号

最新調査結果を発表

橘樹官衙遺跡群

最新調査結果を発表 文化

国史跡5周年記念シンポ

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク