高津区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

感染性胃腸炎 川崎市が警報発令 「さらなる流行拡大も」

社会

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市で先月21日から27日、感染性胃腸炎の患者報告数が警報基準値を超えたため、市は流行発生警報を29日に発令した(12月6日現在)。

 川崎市の先月21日から27日(第47週)の、市内37カ所の定点あたりの感染性胃腸炎の患者報告数が20・31人となり、流行発生警報基準値である20・00人を超えたため、警報発令にいたった。近年では、11月中旬ごろから患者数が増加していたが、今年は10月中旬から増加。市健康安全研究所の担当者は「今年はインフルエンザとともに、流行の開始が早まっている。今のところ増加の仕方は緩やかだが、今後さらなる流行拡大も推測できる」と話す。

 第47週の区別の定点あたりの報告数は、高津区が28・2人と市内で最多となっている。年齢別では1歳から5歳児が全体の58・4%を占め、嘔気・嘔吐で保育園を欠席する児童も増えている。

 感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどの病原体の感染によっておこる胃腸炎の総称で、嘔吐や下痢が主な症状。1年を通して発生するが、ノロウイルスなど、ウイルスによるものは冬に発生する。市は、子どものオムツを取り替えた後や外出後などの手洗いの徹底や、嘔吐や下痢が激しい時の水分補給、早めの医療機関への受診、生鮮食品の洗浄や十分な加熱を呼びかけている。市担当者は「インフルエンザとともに十分注意してほしい」としている。

高津区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

「冬の風物詩」今年も

大山街道ふるさと館

「冬の風物詩」今年も 文化

フェス装い新たに開催へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

「自由通路」6月供用へ

JR南武線津田山駅

「自由通路」6月供用へ 社会

利用者の”悲願”まもなく

2月14日号

リーグ戦一旦中止で「恩返し」

高津親睦ソフト

リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

地域ボランティア申し出

2月7日号

エジプトから“授業参観”

上作延小学校

エジプトから“授業参観” 教育

「自主性重視」の利点伝える

2月7日号

念願叶え「晴れ舞台」へ

北見方在住石関武之さん

念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

全国俳句大会で特選輝く

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク