高津区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

感染性胃腸炎 川崎市が警報発令 「さらなる流行拡大も」

社会

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市で先月21日から27日、感染性胃腸炎の患者報告数が警報基準値を超えたため、市は流行発生警報を29日に発令した(12月6日現在)。

 川崎市の先月21日から27日(第47週)の、市内37カ所の定点あたりの感染性胃腸炎の患者報告数が20・31人となり、流行発生警報基準値である20・00人を超えたため、警報発令にいたった。近年では、11月中旬ごろから患者数が増加していたが、今年は10月中旬から増加。市健康安全研究所の担当者は「今年はインフルエンザとともに、流行の開始が早まっている。今のところ増加の仕方は緩やかだが、今後さらなる流行拡大も推測できる」と話す。

 第47週の区別の定点あたりの報告数は、高津区が28・2人と市内で最多となっている。年齢別では1歳から5歳児が全体の58・4%を占め、嘔気・嘔吐で保育園を欠席する児童も増えている。

 感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどの病原体の感染によっておこる胃腸炎の総称で、嘔吐や下痢が主な症状。1年を通して発生するが、ノロウイルスなど、ウイルスによるものは冬に発生する。市は、子どものオムツを取り替えた後や外出後などの手洗いの徹底や、嘔吐や下痢が激しい時の水分補給、早めの医療機関への受診、生鮮食品の洗浄や十分な加熱を呼びかけている。市担当者は「インフルエンザとともに十分注意してほしい」としている。

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク