高津区版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

日本民家園 50周年祝い、未来へ 音声ガイドアプリを導入

文化

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena
白川郷の合掌造民家を見学できる信越村エリア=民家園提供
白川郷の合掌造民家を見学できる信越村エリア=民家園提供

 多摩区の生田緑地に25軒の古民家を構える日本民家園が今月、開園50周年を迎えた。音声ガイドなどの新たなサービスや、節目を祝う伝統芸能の公演など、さまざまな記念行事が1年かけて開催される予定だ。

 日本民家園は、市民共通の「ふるさと」として昔の生活文化を後世に伝えようと、囲炉裏の火焚きや藍染め教室など年間150回以上の催しを開催している。

 今月から新たに、スマートフォンで無料の専用アプリを使う音声ガイドを導入。古民家の間取り図や古い写真などを観ながら解説を聞くことができ、園内地図やイベント情報も確認できる。さらにこのアプリは日英韓中の4カ国語にも対応。近年増加する外国人入園者向けに、タイ語やベトナム語を新たに加えた外国語リーフレットも充実を図る。

 同園は当時県議会議員だった斎藤文夫さん(現・川崎市観光協会会長)が、麻生区にあった国指定重要文化財の伊藤家住宅を保存しようとした活動がきっかけとなり、1967年4月1日に開園した。多摩区内にあった清宮家と富山県にあった野原家を移築し3軒で開園した後も、岩手県から鹿児島県までの全国各地から建造物を移築。現在は国指定重要文化財7件、国指定有形民俗文化財1件を含む25件の文化財建造物が一堂に会する野外博物館となっている。2014年11月には累計入園者が600万人を超えた。日本のさまざまな情報を扱うフランスのガイドブック「ブルーガイドジャポン(2015年発行)」では、3つ星の高評価を獲得しているという。

 同園の小林正人園長は「ボランティアさんの協力で、魅力が伝わる工夫も多い。今後も文化財を良好な状態で伝えるため、今年を将来の民家園を考える節目の年にしたい」と話す。

あす29日、伝統芸能公演

 29日、午後1時からは旧船越の舞台で記念公演「祝」を上演する。市内の伝統芸能である菅獅子舞や新城囃子曲持、木遣り唄を披露。また、同日から特別展「日本民家園『今昔』ものがたり」を開催。開園当時のパンフレットや初公開となる資料などを展示する。

高津区版のローカルニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 文化

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

「岡本かの子、知って」

高津ゆかりの歌人・小説家

「岡本かの子、知って」 文化

生誕130周年企画、再び

10月18日号

銭湯の「プラスα」次々と

銭湯の「プラスα」次々と 文化

千年温泉のサービス、話題に

10月18日号

朝鮮学校でフェス

朝鮮学校でフェス 文化

27日「食と文化味わって」

10月18日号

美術工芸人の技、今年も

高津区文化協会

美術工芸人の技、今年も 文化

市民館で「実演イベント」

10月18日号

等々力ライブ決定

SHISHAMO

等々力ライブ決定 文化

来年8月9日 中止乗り越え

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク