高津区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

下作延神明神社 ご神体が本殿へ帰還 台風被害の改修完了

文化

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
地域住民が見守る中、執り行われた正遷座祭
地域住民が見守る中、執り行われた正遷座祭

 一昨年の台風で社殿が損傷した「下作延神明神社」(金子善光宮司・下作延4の16の1)の改修工事がこのほど完了し、仮殿に安置されていたご神体を本殿へ戻す「正遷座祭」が6月24日に執り行われた。

 下作延神明神社の御祭神は「天照大神」「須佐之男命」「御霊神」。創建は定かではないが、1705年に奉納された手水鉢が現存し、それ以前から存在があったとされている。1964年に建て直された本殿が、一昨年の台風により甚大な被害を受けた。これを受けて地域の氏子らが改修委員会を16年6月に設置。4月に改修工事が行われ、5月末に完了した。

 正遷座祭は、神殿を新しく造営、修理する時にご神体を移す祭儀。20年に1度執り行われる伊勢神宮の式年遷宮祭が知られている。 当日は、氏子や神職ら150人が参加。松明が灯される中、白い布で囲われたご神体が仮殿となった本殿左手の稲荷社から本殿へ戻された。本殿では、雅楽の演奏や舞姫による「豊栄の舞」が披露され、地域住民が見守る中、正遷座祭は盛大に執り行われた。

 下作延在住の原知子さん(48)は「たまたま訪れたが、神聖で貴重な体験ができた」と話し、小山眞弘さん(67)は「(神事を見て)日本の心だと思った。大事にしていきたい」と神事に見入っていた。氏子会の宇佐美善愛会長は「見事に改装され完成した神明神社を散歩がてら訪れてほしい。地域の皆様の守り神様に御参拝下さい」と話した。

高津区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク