高津区版 掲載号:2017年9月15日号 エリアトップへ

子どもの権利知って 啓発団体が発足

社会

掲載号:2017年9月15日号

  • LINE
  • hatena
設立集会で話す元子ども委員の男性
設立集会で話す元子ども委員の男性

 子どもがありのままに生きられる社会を目指す市民団体「かわさき子どもの権利フォーラム」(山田雅太代表)が8月20日に発足した。発足に当たり同団体は同日に下作延の子ども夢パークで設立集会を開き、学校職員や子ども支援団体の職員など50人が集まった。

 きっかけは「川崎市子どもの権利に関する条例」が15年目を迎えた昨年のこと。当時の子どもの代表だった「子ども委員」のメンバーや条例設置に関わった人々が改めて今の子どもを取り巻く環境を話し合った。元子ども委員の大人が「子どもを持って権利の難しさをより感じる」などと話す中で見えてきたのは、一昨年、多摩川河川敷で男子生徒が殺害されるなど条例の理念が浸透していない現状だった。そして子どもの権利を啓発する新たな団体の必要性を認識、今回の発足に繋がった。

 山田代表は「子どもたちが幸せになるために権利を学ぶ必要がある」と語る。しかし最近は権利の基礎である自己表現が苦手な子どもが増えているという。そのため「声を上げることをまず学んでほしい」と話す。

 同団体は今後、子どもの権利の啓発活動を行うほか、支援団体同士の協力を進める。12月17日には発足後最初の集会が高津市民館で予定されている。問い合わせは同団体【電話】080・3471・6448へ。

高津区版のローカルニュース最新6

「安全安心の五輪やりきる」

【web限定記事】知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 社会

感染防止へマスク会食も訴え

1月15日号

遠因に新型コロナの影響も?川崎市の昨年1年間の「救急車出動件数」が12年ぶりに減少

【web限定記事】

遠因に新型コロナの影響も?川崎市の昨年1年間の「救急車出動件数」が12年ぶりに減少 社会

感染リスク恐れ”病院控え”の推測も

1月15日号

川崎市が舞台のラジオドラマ「ワンダーワールド」に鬼頭明里さん(鬼滅の刃 竈門禰豆子役等)ら豪華声優陣が出演

川崎ブレイブサンダース、千葉下し4強

【Web限定記事】

川崎ブレイブサンダース、千葉下し4強 スポーツ

天皇杯初戦 ホームとどろきでリベンジ果たす

1月15日号

成人式、宣言下で敢行

【Web限定記事】川崎市

成人式、宣言下で敢行 文化

出席者は昨年比4割減

1月15日号

会田さんが環境大臣表彰

会田さんが環境大臣表彰 社会

長年の環境美化に功績

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク