高津区版 掲載号:2018年2月2日号 エリアトップへ

インフルエンザ 週605人 区内で倍増 市内患者数は過去最多

社会

掲載号:2018年2月2日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内のインフルエンザの発生状況が1月24日に発表され、高津区内10カ所の定点医療機関の患者報告数が605人(1月15日〜21日)で、前週より倍増していることが分かった。市内では、61カ所の定点医療機関の1週間の平均患者数が52・16人となり、統計を始めた1999年以来過去最多となった。

 区内では第3週の患者報告数が605人(前週267人)、定点あたりの平均患者数は60・50人(前週26・70人)だった。

 幼児から小学校低学年が多く、区内保育園、幼稚園、こども園や小中学校の学級閉鎖数は第3週の6日間で合計6学級。1月30日時点では7学級と、流行が続いている。

 川崎市感染症情報センターは「通常はA型が先行し、沈静化してくる2月ごろからB型が流行するが、今年はB型も同時に流行していることが患者数を押し上げている要因の一つ」と話す。市内でも、患者の約半数がB型を占めている。

 また、インフルエンザ(疑いも含む)患者が1日に100人ほど訪れているという区内の北浜こどもクリニックの北浜直院長は「例年より多いと感じる。混合流行と合わせ、今季のワクチン不足も一因になっているのでは」と話す。その上で「今はワクチンの数も余裕が出てきているので、今からでも接種を検討すべき」と呼びかける。

市内44学級が閉鎖

 川崎市内では、第3週(1月15日〜21日)の定点あたりの報告数は、52・16人。統計を始めてから最も多かった2005年の50・83人を超えた。前週(8日〜14日)の24・07人から急激に増加し、定点あたり30人で発令される「警報」レベルをはるかに上回った。

 市内の1月30日時点の幼稚園や学校などの学級閉鎖数が44学級。市の感染症情報センターの担当者は今後の流行の沈静化、拡大は「分からない」としながら、「学級閉鎖数をみると患者数はまだ増えるのでは。家族へ感染が広がることもあるので注意してほしい」と促す。

【定点あたりの報告数】

インフルエンザの場合、定点あたり「10」を超えると注意報、「30」を超えると警報が発令される

高津区版のトップニュース最新6

「マルシェ」で界隈に活気を

区内溝口

「マルシェ」で界隈に活気を 経済

来月4日 地元信金が初実施へ

5月20日号

「保留児童」減少続く

高津区

「保留児童」減少続く 社会

市全体も4年連続減に

5月20日号

感染症拡大防止に一役

NPO法人手を洗おう会

感染症拡大防止に一役 文化

啓発目指し絵画の募集も

5月13日号

「サークル祭」本格再開へ

高津市民館

「サークル祭」本格再開へ 文化

15団体が日頃の成果披露

5月13日号

記念動画を公開

高津区制50周年

記念動画を公開 社会

魅力を紹介 「未来につなぐ」

5月6日号

「AS(エージシュート)」ついに1000回

区内在住田中菊雄さん

「AS(エージシュート)」ついに1000回 スポーツ

“ゴルファーの夢”大台到達 

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook