高津区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

高津区予算案 地ケア・防災に力点 約8億7千万円を計上

経済

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が先月公表した2018年度当初予算案で、高津区の予算額は前年度比約1421万6千円減(1・6%減)の8億7165万7千円だった。地域包括ケアシステムの推進や防災力の強化など重点9項目を中心に、各事業を進めていく方針だ。

 高津区の予算案では、前年同様「地域資源」「地域コミュニティ」「子ども・子育て」「地域福祉」「防災」「環境」に関する6本柱に、5462万2千円を計上。道路の維持補修には3億8941万7千円、公園緑地、街路樹の維持管理には4524万7千円、合わせて約4億3千万円を計上している。

マンションの交流促進図る

 柱の一つ、「すこやか・支え合いのまちづくりの推進」の項目では、「地域包括ケアシステム」の推進に向け、マンションのコミュニティ形成への支援事業に前年度比45万円増の232万9千円を充当。昨年度行ったマンションのアンケート結果をもとに、講演会などでコミュニティ形成好事例の共有を図り、住民間や地域との「つながりづくり」の取り組みを支援する。

 防災力強化の取り組みでは、避難所開設訓練や防災講座の実施、防災意識向上を目指し、住民参加型の減災マップ作成ワークショップなども開催する。

 「多様な主体との連携による地域コミュニティ活性化の推進」では、NPO法人高津総合型スポーツクラブSELFと連携し、障害者スポーツの体験イベントを通じて、「かわさきパラムーブメント」の啓発に力を入れる。

 区総務課は「防災や地域包括ケアの取組みを着実に進め、魅力ある地域資源を生かしながら、今後も高津区が暮らしやすいまちになるよう全力で取り組む」としている。予算案は市議会定例会で審議され、本日16日に採決が行われる予定。

高津区版のトップニュース最新6

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

親子2代の善意で「継続」へ

高津区社協移送サービス事業

親子2代の善意で「継続」へ 社会

区内企業が車両を寄贈

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク