高津区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

高津区予算案 地ケア・防災に力点 約8億7千万円を計上

経済

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が先月公表した2018年度当初予算案で、高津区の予算額は前年度比約1421万6千円減(1・6%減)の8億7165万7千円だった。地域包括ケアシステムの推進や防災力の強化など重点9項目を中心に、各事業を進めていく方針だ。

 高津区の予算案では、前年同様「地域資源」「地域コミュニティ」「子ども・子育て」「地域福祉」「防災」「環境」に関する6本柱に、5462万2千円を計上。道路の維持補修には3億8941万7千円、公園緑地、街路樹の維持管理には4524万7千円、合わせて約4億3千万円を計上している。

マンションの交流促進図る

 柱の一つ、「すこやか・支え合いのまちづくりの推進」の項目では、「地域包括ケアシステム」の推進に向け、マンションのコミュニティ形成への支援事業に前年度比45万円増の232万9千円を充当。昨年度行ったマンションのアンケート結果をもとに、講演会などでコミュニティ形成好事例の共有を図り、住民間や地域との「つながりづくり」の取り組みを支援する。

 防災力強化の取り組みでは、避難所開設訓練や防災講座の実施、防災意識向上を目指し、住民参加型の減災マップ作成ワークショップなども開催する。

 「多様な主体との連携による地域コミュニティ活性化の推進」では、NPO法人高津総合型スポーツクラブSELFと連携し、障害者スポーツの体験イベントを通じて、「かわさきパラムーブメント」の啓発に力を入れる。

 区総務課は「防災や地域包括ケアの取組みを着実に進め、魅力ある地域資源を生かしながら、今後も高津区が暮らしやすいまちになるよう全力で取り組む」としている。予算案は市議会定例会で審議され、本日16日に採決が行われる予定。

高津区版のトップニュース最新6

4年ぶり 故郷に「返還」

準絶滅危惧種「エビネ」

4年ぶり 故郷に「返還」 社会

官民連携で保全に成功

11月26日号

塗装技能で「匠」に

新作「丸紘」勤務綾部淳さん

塗装技能で「匠」に 社会

かわさきマイスター認定

11月26日号

いざに備え防災訓練

川崎市

いざに備え防災訓練 社会

新システム活用も

11月19日号

賃貸物件に「ダイチャリ」

不動産会社エヌアセット

賃貸物件に「ダイチャリ」 社会

来夏までに新規50カ所

11月19日号

災害時も日常の食事を

区内有志「減災ガールズ」

災害時も日常の食事を 社会

企業と「調理ジッパー」開発

11月12日号

県初優勝、いざ全国へ

西高津中駅伝部

県初優勝、いざ全国へ スポーツ

市大会からの「逆転」に歓喜

11月12日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook