高津区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

高津区予算案 地ケア・防災に力点 約8億7千万円を計上

経済

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が先月公表した2018年度当初予算案で、高津区の予算額は前年度比約1421万6千円減(1・6%減)の8億7165万7千円だった。地域包括ケアシステムの推進や防災力の強化など重点9項目を中心に、各事業を進めていく方針だ。

 高津区の予算案では、前年同様「地域資源」「地域コミュニティ」「子ども・子育て」「地域福祉」「防災」「環境」に関する6本柱に、5462万2千円を計上。道路の維持補修には3億8941万7千円、公園緑地、街路樹の維持管理には4524万7千円、合わせて約4億3千万円を計上している。

マンションの交流促進図る

 柱の一つ、「すこやか・支え合いのまちづくりの推進」の項目では、「地域包括ケアシステム」の推進に向け、マンションのコミュニティ形成への支援事業に前年度比45万円増の232万9千円を充当。昨年度行ったマンションのアンケート結果をもとに、講演会などでコミュニティ形成好事例の共有を図り、住民間や地域との「つながりづくり」の取り組みを支援する。

 防災力強化の取り組みでは、避難所開設訓練や防災講座の実施、防災意識向上を目指し、住民参加型の減災マップ作成ワークショップなども開催する。

 「多様な主体との連携による地域コミュニティ活性化の推進」では、NPO法人高津総合型スポーツクラブSELFと連携し、障害者スポーツの体験イベントを通じて、「かわさきパラムーブメント」の啓発に力を入れる。

 区総務課は「防災や地域包括ケアの取組みを着実に進め、魅力ある地域資源を生かしながら、今後も高津区が暮らしやすいまちになるよう全力で取り組む」としている。予算案は市議会定例会で審議され、本日16日に採決が行われる予定。

高津区版のトップニュース最新6

見学歓迎 「こども神輿」

新作八幡宮

見学歓迎 「こども神輿」 文化

手作り前、イメージ醸成に

7月3日号

新ルール設け再開へ

多摩川緑地BBQ広場

新ルール設け再開へ 社会

入場、ピーク時3割以下に

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 社会

計画7年目、新設進まず

7月3日号

「神輿ないなら献血を」

睦高津連合会

「神輿ないなら献血を」 社会

コロナ禍、区民祭中止受け

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

住民、児童見守り1年

久地踏切

住民、児童見守り1年 社会

「開かず」状態、危険視

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク