高津区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

歌で盛り上げる酒の席 流しの渡辺健悟さん

文化

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
たまい本店前でギターを構える渡辺さん
たまい本店前でギターを構える渡辺さん

 酒場などでギターを抱えて客に歌を披露する流し。今では珍しくなったそんな光景が、溝口のたまい本店で楽しめる。

 東京都在住の渡辺健悟さん(44)は不定期で演奏しに来る。以前から吉祥寺などで活動し、昨年10月に同店に誘われた。溝口について渡辺さんは「音楽大学があったり、ベッドタウンだったりと年齢層が広いので、歌う曲も様々」と話す。

 曲は依頼に応えるために演歌からポップス、洋曲まで幅広く用意。流しを始めた2015年から毎日1曲は増やし、今では600曲に。「持ち歌がこれだけ多いと、依頼のほとんどない曲もあって、たまにお願いされると慌てます」と笑う。

 きっかけは11年に勤めていたバーでギター演奏をしていたところ、ある客に注目され、都内のイベントに流しとして誘われたこと。その後も同じイベントに呼ばれ続けた。15年に流しの知り合いに「本格的にやらないか」と言われ、転職を繰り返していた生活から、流しになるとを決めた。

 その後はバーで培った接客術を生かし、客や店の雰囲気に合った演奏を心掛けた。たまい本店の野田薫さんは「たまいの曲を歌いながら店に来ることもあり、お店の雰囲気づくりに貢献してくれている」と話す。

 「3年もやっていて飽きない仕事は初めて。天職だと思っています。死ぬまで流しで食べていきたいですね」と話す渡辺さんは今夜も居酒屋を歌い歩く。

 渡辺さんの予定はホームページ(kengobaixo.wix.com/wkbv)で確認できる。

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!?

【web限定記事】

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!? 社会

方針案策定の動きに「ホームレスにとってはアルミ缶が生活の糧」などと人権擁護を訴える市民団体の声も

2月26日号

各区へ実験拡大

【Web限定記事】 市シェアサイクル

各区へ実験拡大 社会

4月から 武蔵溝ノ口駅など追加

2月26日号

「憲剛」の名思い込め

「憲剛」の名思い込め 社会

久地・早川製作所

2月26日号

名前「たまずん」に

宇奈根のナマズ

名前「たまずん」に 社会

千件超の応募から選定

2月26日号

施設一部を貸出停止に

高津市民館

施設一部を貸出停止に 社会

ワクチン接種会場に伴い

2月26日号

献血協力に感謝

川崎西RC

献血協力に感謝 社会

154人が窓口へ

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク