高津区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

手作り証書で未来へはばたく 中央支援学校で卒業式

教育

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
紙すきに挑む生徒たち
紙すきに挑む生徒たち

 3月の卒業シーズンを迎え、区内の各校でも卒業式が行われている。

 久本にある川崎市立中央支援学校(荒井真理校長)では3月9日、高等部の卒業式が行われた。同校の卒業式では卒業証書を生徒が自分たちで作るのが毎年の恒例となっていて、この日も本校、分教室あわせて66人の卒業生が約半年間かけて作り上げた証書を荒井校長から受け取った。

 卒業証書作りが始まったのは20年以上前から。当時同校に赴任した佐藤泰至さん=写真左=が前の学校で紙すきの指導を行っていたことから同校でも始まるようになった。

 その工程は職人さながらで、原材料となる楮(こうぞ)の樹を煮て、熱いうちに皮を剝き、繊維を叩いて細かくほぐす。紙すきでは、溶液が均一に木枠に流れ込むように慎重かつ手早く行う。これらの作業を指導を受けながらも生徒が全て自分たちで行い、昨秋に行われた作業では緊張しながらも一心に取り組む姿が見られた。定年退職した今も毎年指導に訪れるという佐藤さんは「紙の一枚一枚に味があり、同じものは存在しない。卒業後に証書を見たときに、『自分たちで作った』ということが彼らの誇りになれば」と目を細める。

 卒業証書以外にも、同校では職業訓練の一環として手作り和紙で葉書やコースターなどを作っていて、学校のバザーや地域のおまつりでも好評なほか、昨年の高津中学校の70周年式典ではPTAへの感謝状贈呈にこの和紙が使われた。

 卒業式では一人ひとりが堂々と卒業証書を受け取り、見守った保護者や教職員から大きな拍手を受けた。また、別れのことばでは「この学校で過ごした日々はかけがえのない宝物。この宝物を胸に、私たちは未来へ歩んで行きます」と全員で声をそろえて高らかに謳いあげた。
 

証書を受け取る生徒ら
証書を受け取る生徒ら

高津区版のローカルニュース最新6

「寄席」で元気届け

「寄席」で元気届け 文化

11月27日に高津市民館

10月23日号

医療従事者の「面目躍如」

医療従事者の「面目躍如」 社会

咄嗟AED蘇生に表彰状

10月23日号

ひと編みに成長の願い込め

あみあみの会

ひと編みに成長の願い込め 文化

児童に毛糸作品を寄贈

10月23日号

「映える」風景を投稿

「映える」風景を投稿 文化

フォトコン作品募集

10月23日号

3次販売、窓口に行列

じもと応援券

3次販売、窓口に行列 経済

4日間で22万冊販売

10月23日号

自身初の「リサイタル」

川崎の歌姫・桜井純恵さん

自身初の「リサイタル」 文化

11月1日(日) 高津市民館大ホール

10月23日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク