高津区版 掲載号:2018年5月4日号
  • LINE
  • hatena

梶が谷駅そば 工事現場に21mの絵 住民と業者が協働

文化

仮囲いに描かれた絵「BLUE SKY AND SEA」=野田昌志さん提供
仮囲いに描かれた絵「BLUE SKY AND SEA」=野田昌志さん提供
 梶が谷駅近くで現在工事中の現場の仮囲いに、全長21m、水色を基調とした鳥や船の爽やかな絵が描かれている。

 これは、先月開催された「さくらまつり」の催しの一つとして、イラストレーターの遠山敦さん(47)が約7時間で描いたもの。遠山さんは「大きなキャンバス、梶が谷の里山に広がる空感をイメージした」と話す。

 仮囲いに絵を描くことを提案したのは、工事現場前の飲食店「カリヨン」の店長で、祭りの運営にも携わる久保田英明さん(39)だ。きっかけは工事の住民説明会に参加した時。騒音などを心配する一方、「住民と工事会社がお互いにポジティブな気持ちで過ごせないか」と考えた。久保田さんの提案を工事担当者が快諾。施工会社の合田工務店がベニヤ板の提供と壁の設置作業を協力した。

 「『なかなかいいね』と声をかけられたり、絵を眺めたり、触ったりする人を見かける」と久保田さん。「通る人が少しでも癒されてくれたら嬉しい」と話した。

遠山さん(左)と久保田さん=小川拓郎さん提供
遠山さん(左)と久保田さん=小川拓郎さん提供

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梶が谷で「楽しい暮らし市」

梶が谷で「楽しい暮らし市」

地元飲食店・作家が出店

1月20日~1月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇七九回「平賀栄治のこと」

    高津物語

    1月18日号

  • 高津物語

    連載第一〇七八回「新春雑感」

    高津物語

    1月11日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク