高津区版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

絵本作家「かこさとし展」 「創作の原点知って」 来月、中原区で展示会

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
かこさんの絵本を手に思いを語る北野さん
かこさんの絵本を手に思いを語る北野さん

 5月2日に92歳で亡くなった川崎市ゆかりの絵本作家、かこさとし(加古里子 本名・中島哲)さんと親交のあった北野書店(幸区)が6月13日から15日までエポックなかはらで「かこさとし展」を開く。昨年から準備を進める中での訃報となったが、企画展を通じ「数多くの作品を残したかこ先生の創作の原点が幸区在住時代のセツルメント活動で育まれたことを、多くの子どもたちのために伝えたい」と主催者は力を込める。

 同店主催の川崎市学校図書展示会の同時イベントとして開催するもので、かこさんから直接「川崎のことだったらお手伝いする」との話があった。

 北野さんは10年ほど前、かこさんとの共著で絵本を制作した東京理科大前学長・藤嶋昭夫妻を通じて「特別な縁を持ち」、交流を深めた。かこさんの優しさに触れ、「何かできることはないか」と思案。多くの人に地元ゆかりの絵本作家であることを紹介しようと、書店でかこさんのフェアを開催してきた。

「川崎の子どもから学んだ」

 『からすのパンやさん』、『だるまちゃん――』シリーズをはじめ600点以上の作品を残したかこさんは、東大工学部を卒業後、幸区にあった研究所に勤務。1950年代後半から70年まで近くの東古市場や市内に在住した。戦後間もない頃の古市場地域は、バラック平屋が立ち並び、厳しい生活を送る人が大勢いた。かこさんは休日になると、セツルメント(生活向上のための社会事業)活動に尽力。紙芝居や幻灯作品を制作し、子どもたちに読み聞かせを行っていた。創作活動の原点で「川崎の子どもたちから学んだ」と、かこさんは語っていたという。

川崎らしい作品を展示

 フェアは、現在流通するかこさんの絵本600点を展示するほか、川崎を描いた複製画や川崎在住時代の写真を並べる。北野さんは「かこ先生は平和や多様性など様々なメッセージを絵本に込めていた。子どもたちの幸せのために、創作の原点を知り、より身近に感じていただければ」と語る。展示会は入場無料。午後1時から7時、最終日は午後5時まで。

高津区版のトップニュース最新6

コロナ禍「お互い様」精神で

高津区社会福祉協議会

コロナ禍「お互い様」精神で 社会

食料150人分を無料配布

4月16日号

「溝劇」と強力タッグ

NPO法人「ダンス ラボラトリー」

「溝劇」と強力タッグ 文化

コロナ禍、活動の幅に期待

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

コロナ下、運動不足解消を

溝口「ムサシボウル」

コロナ下、運動不足解消を 文化

「健康教室」チャリティ開催

4月9日号

追悼の声、川崎からも

柔道・古賀稔彦さん急逝

追悼の声、川崎からも 社会

多大な功績に謝意

4月2日号

市民提案事業に4団体

高津区

市民提案事業に4団体 社会

学生向けセミナー開催など

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter