高津区版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

灯ろう流し、今年で最後に 二ケ領用水 30回目前で

文化

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena
過去の灯ろう流しの様子(実行委提供)
過去の灯ろう流しの様子(実行委提供)

 二ケ領用水の再生を願って1990年から行われてきた「二ケ領用水溝口灯ろう流し大会」が8月25日の第29回開催をもって幕を閉じる。実行委メンバーの高齢化などが理由で、実行委は「毎年参加してくれる人も多いので残念。どこかの団体が引き継いでくれたら」と呼びかけている。

 多摩川流域最古で最大の農業用水として江戸時代に整備され、2011年に完成400年を迎えた二ケ領用水。灯ろう流し大会はこの歴史的遺産への感謝と保存を目的に始まった。

 毎年高津区民祭に合わせて開かれ、東日本大震災の影響等で区民祭が中止となった2011年も犠牲者への追悼の意味を込めて行った。用意された灯ろうに参加者たちが絵やメッセージを書き、毎年楽しみにしている人も多かったという。今年は区民祭前日の台風12号の影響で延期されていた。

 有志数人で始まった灯ろう作り。現在も数人で毎年200個の灯ろうを作っているが、メンバーの高齢化の問題などで難しくなった。実行委員会委員長の山口淑子さん(86)は「30回目になる来年まではと思って頑張ってきたけれど残念。子どもたちに二ケ領用水への関心や灯ろう流しの文化を知ってもらうためにも、もしどこかの団体などが引き継いでくれたらありがたい」と話している。

 灯ろう流し大会の会場は市男女共同参画センター(すくらむ21)付近。午後6時に開会式、6時30分から受付けを開始し、7時から流す。灯ろうは1個500円。問合せは山口さん【電話】044・777・0328へ。

色づけを楽しむ参加者ら(同)
色づけを楽しむ参加者ら(同)

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク