高津区版 掲載号:2018年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

市独自介護施策 参加事業所、1割止まり 3期目突入も認知度低く

社会

 要介護状態の改善や維持を目的に、川崎市が独自に取り組む「かわさき健幸福寿プロジェクト」の第3期が7月から始まり、253事業所(9月14日時点)が参加している。前期は年間344事業所が参加したが、市内の対象事業所数の1割に満たなかった。市は参加を促す一方、目標値は設定せず前年同数を目途としている。

 同プロジェクトは、要介護度の改善が事業所の介護報酬減につながってしまう現行の介護保険制度の矛盾を解消しようと、

2016年から開始。上がり続ける介護保険料の抑制も視野に入れ、利用者の自立支援に貢献した事業所を評価し報奨金(5万円)を支給することで、介護サービスの質向上を目指す。第2期の参加利用者516人のうち要介護度が改善したのは73人で、報奨金対象となったのは126事業所だった。

 参加対象の市内介護事業所や高齢者施設は計3944(4月時点)で、このうち同プロジェクトに参加したのは246(第1期)、344(第2期)と増加しているが全体の1割程度にとどまった。

介護ケアの意識向上に力点

 介護ケアに対するスタッフの意識向上や多職種連携の活性化など参加意義を理解しながらも、現状はケアマネジャーから誘われないと参加しにくいという声もある。多摩区で訪問介護事業を営む女性は「回復見込みがあるかという見極めもポイント。参加検討中の利用者が骨折してしまい見送るケースもあった」と指摘する。中原区で通所介護リハビリ施設を営む男性は「そもそも身体機能を維持、改善できるように日々取り組んでいる。現行制度の矛盾は経営者の悩みの種で、報奨金の5万円では補てんにはならない」と切実だ。

 市担当者は「広報不足については今年5月ごろから事業所に訪問して直接説明している。件数だけでは測れない事業なので、意義や意図を理解して参加してほしい」と話している。

高津区版のトップニュース最新6件

定員枠561人不足

川崎市認可保育所

定員枠561人不足

10月12日号

苦節35年、三段跳びで金

久末在住中村宏二さん

苦節35年、三段跳びで金

10月12日号

久末で5年ぶり神輿渡御

「他機関を紹介」2%弱

地域みまもり支援センター

「他機関を紹介」2%弱

10月5日号

合葬墓で無縁化対策

市営霊園

合葬墓で無縁化対策

9月28日号

見直し案に不安の声も

市営四方嶺(よものみね)住宅跡地

見直し案に不安の声も

9月28日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大人のための理科教室

大人のための理科教室

県立川崎図書館で無料講座

10月20日~10月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇六四回「紺屋」

    高津物語

    10月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク