高津区版 掲載号:2018年9月28日号
  • LINE
  • はてぶ

連第一〇六三回「溝口の染色業」 高津物語

 溝口の染色業は上の紺屋―伊藤染色店と池田屋クリーニング店に代表されていた他に真っ先に触れた「千年の紺屋―清水染色店」があった。白井禄郎先生編集多摩図書館編『大山街道』に根もじり坂を上がった左の子育て地蔵の芦田家―屋号は「紺屋」で、同家の湧水利用の糸染が事の起こりという。他に野菜作りは区内第1号で、どこよりも早かった。私の記憶の中の伊藤染色店は、大山街道から見て陸の中の孤島という第1印象があり、緑の苔に囲まれ、根方十三ケ村堀の中に浮かんでいた素敵な印象がある。染色店の前の若松堂菓子店の幼稚園の同級生がいて、よく遊びに行った。若松堂の裏は、コンクリートに緑の苔蒸した水路が広がっていた。今から思えば、入屋橋を抜けて玉電の線路を潜って、雁追橋方面に流れて行ったものだった。私の郷土史研究の第1歩となった高津図書館編『高津郷土史料集』第十二篇は「関東大震災後にコンクリート造りになる前は、松材を使った樋であった。碑の長さは九米幅が1・八米で、中央に橋脚が建ててある。材料は松丸太で、樋の部分だけ角にしてある。板も松材で、5年目ごとに掛け替えした。この付近は溝口で一番低く、洪水の度に水害を受けた。昔は宗隆寺辺りから徐々に低くなって水が流れ、片町の庚申塔辺りで元の高さに戻ったが、平瀬川の水は境橋を貫流して田園都市線溝の口方面に流れていた。これにより溝の口駅方面は水浸しになり、濁流が国鉄武蔵溝ノ口方面に流れて行き、手前にあった「大衆マーケット」はもとより、その近辺の低い土地一帯が、河原の様になっていて丸屋酒店裏側一帯は、かつて「料理」と「旅館」を兼ねた店があった。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇七〇回「溝口駅前の変わり様」

高津物語

11月16日号

高津物語

連載第一〇六九回「高津駅前の変貌」

高津物語

11月9日号

高津物語

連載第一〇六七回「多摩川散策」

高津物語

10月26日号

高津物語

連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

高津物語

10月19日号

高津物語

連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

高津物語

10月12日号

高津物語

連載第一〇六四回「紺屋」

高津物語

10月5日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

のくち寄席が20回記念

のくち寄席が20回記念

11月24日 てくのかわさき

11月24日~11月24日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク