高津区版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

久末で5年ぶり神輿渡御 焼失からの再建祝う

社会

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena
新調された2基の神輿と奉賛会の高橋会長
新調された2基の神輿と奉賛会の高橋会長

 2013年の火災で社殿や社務所、神輿などを焼失した久末天照大神(久末神社)で10月7日、5年ぶりに例大祭が行われる。新調された神輿が初めて地域を練り歩く。関係者は「ようやくこの日を迎えることができる」と感慨深げに語る。

 久末神社の火災が発生したのは2013年10月、例大祭の宵宮の夜だった。当日は風が強く、火は瞬く間に燃え広がり、社殿と社務所が全焼。例大祭前日だったこともあり、神社に準備されていた大人と子どもの神輿、お囃子の道具などほぼ全てが焼失した。

 あれから5年。神輿は3年前に新調したが、「社殿が再建されるまでは」と渡御は控えていた。そして社殿や社務所が今年4月に完成し、例大祭の準備が進められてきた。

 復活した大人神輿の台座の大きさは2尺3寸(約70センチメートル)で、造りは光明型。子ども神輿も同じようなデザインで造られている。神輿渡御を行う奉賛会の高橋博行会長は「大人神輿は、前よりも一回り大きいサイズになっている。地域へのお披露目は初なので、今年の渡御は久末全体を大きく回れるように準備している。お囃子に先導され練り歩く大人神輿、子ども神輿の姿をぜひ多くの方に見ていただき、担ぎ手たちを応援して下さい」と話す。

 例大祭は6日、7日。6日の宵宮祭では境内で舞踊大会やカラオケ大会などが午後5時から行われる。神輿渡御は7日の午前8時に出発(宮出し)。6時間以上かけて久末を練り歩き、宮入りは午後2時半を予定。その後、社殿で祭礼が行われる。

 神社総代の藤田和男さんは「この日を迎えられるのは地域の皆さんの協力のおかげ。5年ぶりに久末の地に威勢の良い掛け声が響きます。神社と神輿の再建を祝い、改めて地域で大切に守っていきたい」と話した。

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク