高津区版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

健康づくりグループ交流会 人生100年時代を楽しく 活動30年 430人が参加

社会

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena
「テントラちゃんは行く」を踊る参加者ら
「テントラちゃんは行く」を踊る参加者ら

 区内で体操などを通じて健康づくりに励む団体が一堂に集う「高津区健康づくりグループ交流会」が11月15日に開催された。今年で30年を迎え、市内でも群を抜いて活動が活発な高津区。主催者は「人生100年時代を楽しく過ごせるよう、今後も活動を広げていきたい」を話す。

 交流会を主催したのは高津区運動普及推進会(ヘルスパートナー高津・米山道枝会長)。会場の高津スポーツセンターには34グループ、430人が参加した。区社協が推進する健康運動「おたっしゃ10のトライ」のテーマソング「テントラちゃんは行く」の体操には桜井純恵さんが登場。桜井さんの歌声にあわせて全員が元気よく体操を踊り、楽しみながら汗を流した。

 この交流会は1989(平成元)年にヘルスパートナー高津の発足とともに始まった。結成時は10団体で始まったが、今では44団体が区内60カ所以上で定期的に活動。集会所やいこいの家などで健康体操や介護予防のストレッチなど、様々な活動を続けている。

 各グループのまとめ役を担うヘルスパートナー高津。川崎市内では、各区にヘルスパートナーがいて健康体操などの普及に向け活動しているが、担い手不足などで活動を休止した区もある。その中で高津区は「とびぬけて活動が盛ん」な地域。その要因について米山会長は「年々皆さんとの絆が深まり、新しいグループや担い手も増えている。区社協や保健福祉センター、町内会などが活動場所を提供してくれるのも大きい」と語る。

 人生100年時代といわれる中で今後ますます健康長寿の取組みが大切になる。米山さんは「今後も『楽しく身体を動かす』をモットーに、自助、互助、協助の精神で皆さんと健康の輪を広げていきたい」と話した。

高津区版のトップニュース最新6

テイクアウトPRに一役

シェアスペース「ノクチラボ」

テイクアウトPRに一役 文化

地元飲食店に無償提供

5月22日号

「医療現場で役立てて」

区内・坂戸ホテルKSP

「医療現場で役立てて」 社会

シャワーキャップを寄贈

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

垣根超え 飲食店応援

二子新地2商店会

垣根超え 飲食店応援 文化

「持ち帰り」マップ発行

5月15日号

「感染時の混乱」防ぐために

新型コロナウイルス

「感染時の混乱」防ぐために 社会

集合住宅で対応策検討

5月1日号

「不安・危険」4割、対策へ

市外国人意識調査

「不安・危険」4割、対策へ 社会

国籍や治安で実感、増加

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 溝ノ口劇場

    溝ノ口劇場

    クラウドファンディング「小劇場エイド基金」にご協力ください

    5月22日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク