高津区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

川崎市 救急出動が過去最多 2020年1隊増設予定

社会

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市によると、2018年の市内救急車の出動件数が前年比3568件増の7万2854となり、10年連続で過去最多となった。高齢化や人口増に加えて、厳しい猛暑も影響したとみられる。市は来年、救急隊を1隊増設する予定。

 昨年の救急車の出動件数は1日平均約200件。特に7月は猛暑の影響で1日平均310件と過去最多を記録した。

 増加傾向を受けて市消防局は、救急隊の増設を進めている。2008年に24隊だった救急隊は、現在28隊。さらに、20年4月に宿河原(多摩区)に救急隊を1隊増設する予定だ。

 救急要請を受けてから現場到着までの平均時間は、16年は8・4分、17年は8・3分と横ばいで推移している。市消防局は出動件数増加が見込まれる今後も維持していきたい考えだ。

区内も過去最多

 高津区内の18年出動件数は8770件(前年比160件増)。市と同様、増加傾向にあり、過去最多となった。

 高津消防署によると「約半数が65歳以上の高齢者。人口増加と高齢化が影響している」と分析する。

 さらに「ひざを擦りむいた」や「熱が出た」など、本来救急出動を必要としない要請もあり、「適正利用への周知が進んでいない」とも指摘する。

 市消防局によると、昨年救急出動しながら医療機関に搬送されなかったケースは、約9000件。全体の1割を占める。

 市は救急車を呼ぶ判断の一助として、市のホームページで「川崎市救急受診ガイド」を提供し、利用を呼び掛けている。

「♯7119」導入検討

 市は今後、救急相談センター「#7119」の導入を検討している。

 同システムは電話で看護師が応対し、症状に基づいて緊急性や医療機関受診の必要性をアドバイス。救急車が必要な時は、出動する。市健康福祉局の担当者は「適切に利用につなげ、出動件数の軽減が見込める」と話す。

高津区版のトップニュース最新6

15年ぶり全国へ

ゲートボールチーム「高津」

15年ぶり全国へ スポーツ

初の予選突破目指す

5月24日号

再整備「県負担ゼロ」

高津合同庁舎

再整備「県負担ゼロ」 社会

建替え完了、業務始まる

5月24日号

地名から知る「令和の由来」

千年など深く関与

地名から知る「令和の由来」 文化

溝口に万葉集資料コーナー

5月17日号

地元高津で「凱旋の音色」

フルート奏者鈴木菜穂子さん

地元高津で「凱旋の音色」 文化

仏の褒章記念しコンサート

5月17日号

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」 スポーツ

「算数ドリル」、次の一手も

5月1日号

高津にも「令和商戦」ようやく

今日から新元号

高津にも「令和商戦」ようやく 文化

祝賀ムード高揚へ一役

5月1日号

有終「平成」に思いを寄せ

もうすぐ新元号

有終「平成」に思いを寄せ 文化

二子5丁目の橋、話題に

4月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「役者、その生き様」語る

「役者、その生き様」語る

溝口で社会人講談

6月1日~6月1日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その1 英 径夫さん

    5月24日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク