高津区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

川崎河川漁協 鮎2万4000匹を放流 「多摩川の象徴に」願い込め

文化

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎河川漁業協同組合(竹仲密昭組合長)は4月20日、鮎の稚魚2万4000匹を多摩川に放流した=写真。

 これは同組合の増殖事業の一環。県内水面漁業協同組合連合会の種苗センターで養殖した稚魚を放流している。

 この日放流した稚魚の大きさは平均約7グラム、体長10センチメートル。組合員たちは、ホースから放流される稚魚を見守った。竹仲組合長は「多摩川を象徴するひとつの鮎。上手く育ってもらえれば」と期待を込めた。

 同組合は、鮎やウグイの放流、川の清掃などの活動をしている。近年、多摩川のPRを目的に鮎の販売を行っている。

高津区版のローカルニュース最新6

在宅医療を学ぶ

在宅医療を学ぶ 社会

訪問診療医が講演

10月22日号

一日限定「美唄フェア」

一日限定「美唄フェア」 社会

23日 久地・日本理化学で

10月22日号

写真スポットがお目見え

梶ヶ谷「樹音」

写真スポットがお目見え 社会

ハロウィーン向けに設置

10月22日号

ジャイアンツJrに選出

久本BA入江諒太さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月22日号

シャンソンの歌声を

シャンソンの歌声を 文化

27日 すくらむ21

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook