高津区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

川崎河川漁協 鮎2万4000匹を放流 「多摩川の象徴に」願い込め

文化

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎河川漁業協同組合(竹仲密昭組合長)は4月20日、鮎の稚魚2万4000匹を多摩川に放流した=写真。

 これは同組合の増殖事業の一環。県内水面漁業協同組合連合会の種苗センターで養殖した稚魚を放流している。

 この日放流した稚魚の大きさは平均約7グラム、体長10センチメートル。組合員たちは、ホースから放流される稚魚を見守った。竹仲組合長は「多摩川を象徴するひとつの鮎。上手く育ってもらえれば」と期待を込めた。

 同組合は、鮎やウグイの放流、川の清掃などの活動をしている。近年、多摩川のPRを目的に鮎の販売を行っている。

高津区版のローカルニュース最新6

「東京2020オリンピック聖火リレー 」川崎市内では6月30日に実施

【web限定記事】

「東京2020オリンピック聖火リレー 」川崎市内では6月30日に実施 スポーツ

最高齢ランナー五島さんも参加に意欲

4月16日号

支所を再編統合、4カ所に

川崎商工会議所

支所を再編統合、4カ所に 社会

高津区は「高津宮前支所」へ

4月16日号

地域一丸で、事故ゼロに

地域一丸で、事故ゼロに 社会

春の交通安全キャンペーン

4月16日号

「花まつり」 賑わい今年も

「花まつり」 賑わい今年も 文化

スタンプラリーも好評

4月16日号

フロ戦士パネルいかが?

ノクティ

フロ戦士パネルいかが? 文化

プレゼント企画、締切迫る

4月16日号

ワクチン接種、始まる

川崎市

ワクチン接種、始まる 社会

12日は高津区などで40人

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter