高津区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

小黒恵子童謡記念館 庭の自然生かし新企画 セミの抜け殻を学びに

文化

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

 諏訪の小黒恵子童謡記念館で来月から初のセミの抜け殻講座を開講する。毎年、同館の庭にセミの抜け殻が大量発生することから館長の笹子まさえさんが企画。笹子さんは「自然を大切にしていた小黒さんの庭をいかした企画。ぜひ参加してほしい」と呼びかける。

 同館は区内出身の詩人、童謡作家である小黒恵子さんの自宅を市が改築し2年前に開館。認定NPO法人アクト川崎が運営し、演奏会などのイベントや貸しホールを行っている。

 同館の庭は、小黒さんが暮らしていた当時のまま維持管理が行われ、市の保護樹木に指定される樹木も4、5本ある。

 笹子さんは「毎夏、セミの抜け殻を100匹ほど見かける。あまりにも多いので、川崎にどんなセミがいるのか学びになるのではと思った」という。小黒さんの詩には、やぶ蚊をモデルにした『ドラキュラのうた』や『セミの水でっぽう』など、生き物を題材にした作品も多い。笹子さんは「自然や生きものを大切にされていたと感じる。お庭をいかす企画をやってみたかった」と話す。

 講師は全国森林インストラクターの野牛雪子さん。抜け殻採取の方法、セミの品種の見分け方など講義や実地調査、羽化観察会を予定する。

参加者募集

 日時は7月6日(土)、29日(月)、8月5日(月)、10時から正午まで(8月5日は午後5時30分から7時30分)。小学生から大人対象(小学3年生までは保護者同伴)。定員20人。申し込み締め切りは6月21日午後5時。問合せは同館【電話】044・767・9646(土・日・月・祝)。

高津区版のトップニュース最新6

「サンレッド」人気健在

区内舞台ギャグ漫画

「サンレッド」人気健在 文化

新刊出版にファン歓喜

1月24日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク