高津区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

区内水泳教室所属 山尾兄弟が全国V 高校総体、全国JOで快泳

スポーツ

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ山尾隼人、利樹人兄弟
優勝を喜ぶ山尾隼人、利樹人兄弟

 溝口と上平間(中原区)にある水泳教室、NECグリーンスイミングクラブに所属する山尾兄弟が今夏、快泳を見せた。兄、隼人選手(桐光学園3年)は高校総体(インターハイ)100m平泳ぎ種目で優勝。弟、利樹人選手は全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季大会200mフリーリレーに出場し、大会新記録をマークして優勝を果たした。

 自身初の高校総体制覇に隼人選手は「優勝は素直に嬉しい」と話す。同時期に開催された世界ジュニア水泳選手権大会の出場を目指していたが、春の代表選考会で敗退。総体では「納得できるタイムを、と人一倍強い気持ちで挑んだ」という。

 優勝タイムの1分1秒03は日本水泳連盟が定めるインターナショナルジュニアエリートAを突破するもの。今後、強化選手として同連盟が主催する合宿などに参加できる。今シーズンから取り組む新たな泳法は「まだ6割の出来」。だが「理想の泳ぎに近づいてきている」と手応えも。「来年はオリンピックイヤー。その雰囲気を感じ、日本選手権の決勝戦に残れるレベルにあげていく」と力強く抱負を語る。

 利樹人選手(大谷戸小6年)は200mフリーリレーに第2泳者として出場。「予選を1位で通過したので優勝する自信はあった」と利樹人選手。チーム最速タイムで2番から首位に順位を上げ、後泳者がリードを守り切った。タイムは大会記録を1秒以上更新する1分45秒71。春大会に続く2連覇に貢献した。

 利樹人選手は今大会の結果で日本水泳連盟の「エリート小学生」に選ばれ、強化合宿に参加する。現在、練習ではバタフライと自由形に注力する。「来春大会の50m、100mバラフライで2冠。100mは学童記録も狙う」と目標を定める。

 200mフリーリレーは岩瀬智也選手、小山雄大選手、秋山真颯選手が出場した。
 

高津区版のトップニュース最新6

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

親子2代の善意で「継続」へ

高津区社協移送サービス事業

親子2代の善意で「継続」へ 社会

区内企業が車両を寄贈

12月20日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク