高津区版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

溝口拠点「在宅介護者の会」 地域と共に結成25年 30日に「記念講演会」も

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
過去には「介護技術研修会」などを行ってきた
過去には「介護技術研修会」などを行ってきた

 自宅で高齢者を介護している人同士の仲間づくりや情報交換の場として機能している「在宅介護者の会」(遠藤慶子代表)が、結成25周年を迎えた。同会では四半世紀にわたる活動を振り返ると共に記念講演会を9月30日(月)に高津市民館で予定。多くの参加を呼び掛けている。

 高津区溝口に事務局(【電話】044・833・7888)を構える同会は1994年、当時久末で民生委員を務めていた原田二三子氏が発起人となり結成。以来、25年にわたり、介護の不安や悩みなど、自分ひとりで抱えがちな問題の解決などに役立つ参加者同士の「交流会」や介護のスペシャリストを招いての「講演会」、「介護技術研修会」などを通して、地域コミュニティづくりの一翼を担ってきた。会創成期を知るメンバーは「1994年といえば、バブル景気が崩壊し大不況時代に突入した頃。介護保険制度もなく、介護は女性が一手に背負っている時代でしたね」と、当時を振り返る。

介護者の緊張緩和へ

 そんな中「毎日の緊張した生活でがんじがらめになった介護者の心をゆるやかに解いていくこと」(資料抜粋)などを目的に行われてきた交流会は、今でも発足当時と変わらず毎月第2土曜日に実施。年会費(1千円)も据え置いている。介護者目線で活動の裾野を拡げる一方、1999年からは川崎市高齢者保健福祉計画策定に大きな役割を果たす委員を20年間続けて輩出。重責を担うボランティア団体として、意見を市行政に反映させてきた。

「講演会にご参加を」

 同会ではこうした活動の内容を広く知ってもらおうと「記念講演会」を9月30日(月)午後1時から高津市民館で開催する(後援・高津区社会福祉協議会など)。参加無料。

 「令和元年に”在宅介護”を見つめなおす!〜あなたの人生・あなたの選択〜」と銘打たれたこの企画。当日は一般財団法人日本尊厳死協会理事長の岩尾總一郎氏と、(株)NHKエンタープライズエグゼクティブ・プロデューサーの下村幸子氏が、それぞれ専門的な見地から特別講演を行うほか「在宅介護の会のあゆみ」をPRする資料などを展示する。遠藤代表は「ぜひ多くの方に私たちの活動を知って頂く契機になれば」と話し、参加を広く呼び掛けている。
 

高津区版のトップニュース最新6

創立50周年、地域と共に

久末小学校

創立50周年、地域と共に 教育

記念式典に多数の来賓

11月15日号

多摩川の景観取り戻せ

アマゾン川崎FC

多摩川の景観取り戻せ 社会

台風被害受け、市民と協働

11月15日号

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク