高津区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

無料養成講座を開催 求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 「地元に興味持つ契機に」

文化

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
区内各所を巡るツアーなどを行っている
区内各所を巡るツアーなどを行っている

11日から全5回

 高津区では今年度の文化振興事業の一環として「もっと知りたい高津!もっと知ろう高津!(入門編)」と銘打ったガイドボランティア養成講座を企画。現在広く参加者を募っている。主催は高津歴史・文化研究会、区役所。

 高津市民館(ノクティ2・11階/【電話】044・814・7603)で10月11日(金)を皮切りに、毎月1回全5回の連続講座として開かれるこの催し。

 特に今回は地元の魅力を再発見してもらうと共に、将来的にガイドとして活躍してもらうべく「高津のさんぽみち」「貝塚と古墳」「古代ロマンルート」について、各方面から講師を招き、より専門的なレクチャーを行う。さらに「高津の地理」「歴史」「高津区はどんな町」といったテーマについて受講してもらい、修了者を対象に次年度はより実践的な講座を実施、地元のガイドとして、さらなる素養を磨いてもらえる内容となっている(参加費は無料、区民など20人限定=要事前申し込み)。

「関心ある方、ぜひ」

 現在、高津区で活動している「ガイドボランティア」は約10人。「高津のさんぽみち」というマップに記載されたコースを市民向けに案内する大切な役割を担っており、年に2〜3回「ガイドツアー」を実施するなど、”地域のナビゲーター”として活躍の幅を拡げている。各メンバーが円熟味を増す一方で年々、高齢化なども進んできており主催関係者は「次世代を担うガイドの育成も急務。地域のまち歩きや歴史に関心がある方ならば、地域活動に参加することで、きっと仲間づくりにもつながるはず。若い方にも早くから地元に興味を持ってもらう良い機会になれば」などと話し、多くの区民の参加を呼び掛けている。

高津区版のトップニュース最新6

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

親子2代の善意で「継続」へ

高津区社協移送サービス事業

親子2代の善意で「継続」へ 社会

区内企業が車両を寄贈

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク