高津区版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

台風19号 区内で「内水氾濫説明会」 住民から疑問、批判相次ぐ

社会

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena
400人以上が詰めかけた
400人以上が詰めかけた

 台風19号による排水樋管地域の甚大な浸水被害を受け、川崎市上下水道局は11月14日、当日の対応や今後の対策について住民説明会を東高津小学校体育館で行った。当日参加した住民からは、疑問や批判の声が相次いだ。

 川崎市上下水道局は、排水樋管周辺地域の浸水被害について、排水樋管のゲートを開けていたことによる多摩川河川の逆流によるものと説明。市上下水道局はこの対応について「『内水氾濫を防ぐため、降雨がある場合などはゲートを全開にする』という操作手順があることを踏まえ、雨量、台風の進路、多摩川の水位などを見て総合的に判断した」としている。

 諏訪地域は2017年の台風でも道路冠水が起きている。住民からは「諏訪樋管のゲートの開閉について問題があると思うが、2年前の台風からゲート運用の見直しはあったのか」、「ゲートを閉める基準は」、「なぜゲートを開けたのか」など、ゲート開閉についての質問が相次いだ。

 また、雨水貯水施設整備など、今後の流域対策について質問が及ぶと市上下水道局は「中長期的な視点で対策を考えていく」と回答。それに対し「40年、50年間、何も変わっていない。中長期的なとはどのくらいの期間なのか。要因も対策も何も出てこないのはなぜか」「再度住民説明かを開くべき」と追及の声が続いた。

 市上下水道局は「来年の雨期に間に合うよう、緊急対策として取り組んでいく」とし、今年度中に検証、方向性を取りまとめるとしている。

 排水樋管周辺地域の住民説明会は、宮内排水樋管(下野毛1丁目から3丁目)周辺地域で11月18日に実施。宇奈根排水樋管周辺地域(宇奈根、久地の一部)は11月21日、北見方地域は12月4日に行われる。

高津区版のトップニュース最新6

「サンレッド」人気健在

区内舞台ギャグ漫画

「サンレッド」人気健在 文化

新刊出版にファン歓喜

1月24日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク